ニュース・トピックス一覧 ニュース・トピックス一覧

5月11日(土)学校説明会を行います 2024.3.27

お知らせ

・本校講堂にて、人数制限(1回あたり550名)を行い、学校説明会(校内見学・質問コーナーを含む)を行います。

・未就学児保護者から年長児保護者までを対象といたします。

 (お子様の同伴はできません。) 

・「9時開始」「11時開始」「13時30分開始」の1日3回、同じ内容です。

・申し込みはmiraicompassにて、4月15日(月)14時より受け付ける予定です。

 (先着順、締切は実施日の前日12時まで)

https://mirai-compass.net/usr/tyeiwae/event/evtIndex.jsf

・多くの方のご参加をお待ちしています。

・説明会の実施方法等を変更する場合は、このHPでお知らせいたします。来校前にご確認ください。

第123回卒業式が行われました

お知らせ

第123回卒業式が行われました。

昨年度はZoom参加だった1〜3年生も加わり、4年ぶりに卒業生、保護者、在校生(1〜5年生)と教職員が講堂に集まり、コロナ禍以前の形で式を行うことができました。

お天気にも恵まれ、心を込めて卒業生たちの門出をお祝いすることができました。

9446A3BC-29EB-4375-857C-9CC038C81A2A_1_105_c.jpeg334091CF-D46D-429A-8B6A-37E064BE2187_1_105_c.jpeg0C1FC8E9-BF38-4CF2-8357-D575CA2B8C43_1_105_c.jpeg

チャリティ・オルガンコンサート報告「パイプオルガンに託した芦田淳・友子夫妻の想いを繋いで」

お知らせ

―能登半島地震被災地の復興支援コンサート開催―

~パイプオルガンに託した芦田淳・友子夫妻の想いを繋いで~

 3月2日(土)午後2時から、東洋英和女学院小学部の講堂にて「令和6年能登半島地震」の復興を支援するためのパイプオルガンコンサートが開催されました。お迎えしたオルガニストの米山浩子さんが約430人の聴衆を前に、ヨハン・セバスティアン・バッハの「主よ 人の望みの喜びよ」など計10曲を演奏。パイプオルガンを寄贈してくださった故・芦田淳さんのご家族、妻の友子さん、娘の有子さん、孫の真恵さんも駆けつけてくださり、合間には小学部高学年有志で構成されるハンドベルチーム「エンジェル・リンガーズ」の演奏や、同16年生の有志57名による合唱の歌声が響いて大いに盛り上がりました。

圧倒的な迫力と表現力。演奏が終わると講堂は大きな拍手に包まれ、「心が震える音色だった」と聴衆からは感想が漏れました。普段の礼拝音楽とはひと味違った、さまざまな年代や作曲家の名曲がパイプオルガン独特の力強い音色に乗って響き渡りました。演奏する側、音楽を聴く側がともに地震被害に苦しむ被災地に思いをはせながらのコンサート。1時間があっという間に過ぎました。「被災されて困難の中にある方々のために何か私たちに出来ることはないだろうか」。東日本大震災被災地のためのチャリティ・オルガンコンサートから続く思いを、コロナ禍を経てよみがえらせ、今回のチケットの売り上げは能登半島地震の被災者支援のため全額寄付されます。

 今回の主役のパイプオルガンは2006年に芦田ご夫妻に寄贈いただいたものです。海外で一つずつ手作りされる貴重な楽器。小学部ではかねてより設置を希望していて、芦田様のご厚意でようやく長年の夢が実現しました。おかげさまで児童は本物の音色に触れることができるようになり、朝の礼拝で奏でられる賛美歌は卒業してもなお心に刻まれることとなりました。改めて芦田様のご家族に感謝申し上げます。震災の復興支援のためにパイプオルガンが奏でられることについて芦田友子さんに伺ったところ「本当に光栄です。」と目を細めてお話しくださいました。「東洋英和の建学の精神である『敬神奉仕』を実現する人を育ててほしい」との思いを次世代に繫ぐべく、音楽を通じて意義深いコンサートとなりました。

IMG_2977.jpeg

芦田友子さん(右)と米山浩子さん(左)

コンサートにご来場ありがとうございました

お知らせ

3月2日、卒業生の米山浩子さんをソリストにお迎えし「令和6年能登半島地震」の復興支援のためのチャリティ・オルガンコンサートを開催することができました。

当日は、小学部のオルガンをご寄贈くださったファッションデザイナーの故芦田淳様のご家族をお迎えし、ご一緒にオルガンの音色に耳を傾けることができました。
あらためて、素晴らしいオルガンをお贈りくださった芦田様ご夫妻に心から感謝いたします。

皆さまからお預かりしましたチケット代や席上献金の送り先などは、後日改めて当ページにてご報告いたします。
ご協力ご来場、本当にありがとうございました。

校舎移転前の同窓会開催希望について

お知らせ

同窓生の皆様へ

小学部は六本木五丁目西地区再開計画のため、2025年度に六本木の地を一旦離れ、元麻布一丁目の仮校舎への移転を予定しております。数年後には学院本部、中高部のお向かいに本校舎を建設し戻って参ります。

そのため、この機会に思い出の校舎で同窓会を開きたいというご希望の声が寄せられ始めています。これまでも現職の教職員などとご相談いただき、個別に土曜日に開催されていることがございましたし、今後もそのように時間の許す限りご対応したいと考えております。

しかし、この地にある小学部校舎・校庭を懐かしく思ってくださる卒業生が多くいらっしゃいますので、2024年度の夏期学校期間中に現校舎での同窓会を開催できるように、いくつかお受け入れできる日を設けることにいたしました。

下記のGoogleフォームより開催希望日時や代表者名など必要事項をご記入いただき、お申込みください。なお、先着順のため申込多数の場合にはお受けできないこともあります。

同窓会開催希望申込みフォーム

【同窓会開催可能期間】

2024年7月16日(火)〜20日(土)、22日(月)〜27日(土)

時間 ①9:00〜11:00  ②11:30〜13:30 ③14:00〜16:00

場所 ①小学部食堂 ②普通教室

申込み締切日 4月30日(火)正午

お申込みいただいた方には、締め切り後に代表者の方に小学部よりご連絡し「校舎使用願」をご提出いただきます。

チャリティオルガンコンサート(3.2)のご案内

お知らせ

卒業生の米山浩子先生(鳥居坂教会オルガニスト)をお迎えして、チャリティオルガンコンサートを開催することになりました。小学部生によるハンドベルと歌のご披露もあります。

◆入場券は完売いたしました。皆様のご協力に感謝いたします(当日券の販売はございません)

日 時  2024年3月2日(土)14時開演(13時30分開場)・15時ごろ終演

場 所  東洋英和女学院小学部講堂

入場料  大人  2000円
     子ども 1000円(小学生まで)

  ※3歳以下のお子さまの入場はご遠慮ください。
  ※コンサート会場内では、マスク着用のご協力をお願いいたします。
  ※早めにお越しにならなくてもお席は充分ございます。13時半以降にご来校ください

コンサートの純益は、北陸の私立学校・教会を通して能登半島地震被災地にお贈りいたします。

キャプチャ.PNG

チケット申し込みの流れ

 ①ミライコンパス登録(すでに登録済みの方はログイン)
 ②コンサート申し込み
 ③マイページに戻って入場料支払い手続き
  ★入金後のキャンセル・返金等はできませんのでご注意ください。

申し込みボタン.PNG

第39回東京私立小学校児童作品展「ほら、できたよ!」のご案内

お知らせ

第39回東京私立小学校児童作品展「ほら、できたよ!」に3・4年生の作品を展示いたします。

どうぞご覧ください。

1月25日(木)ー30日(火)松屋銀座8階イベントスクエア

入場無料

午前11時ー午後8時 ※1月28日(日)は午後7時30分まで

(最終日午後5時閉場・入場は閉場の30分前まで)

ほらできたよ.jpeg

2023年度「美術展」のご案内

お知らせ

図画工作科の授業で制作した全校児童の作品を展示しております。どうぞお越しください。

2022年度美術展会場写真.jpeg

一般公開日
2024年2月10日(土)10:00~15:00 (入場は14:30まで)
場所:東洋英和女学院小学部体育館

※室内履きと靴袋をご用意ください。
※ベビーカーでの入場はご遠慮ください。
 (ベビーカーでのご来校の際は、ベビーカー置き場がございます。)

クリスマス礼拝が行われました

行事

12月19日に、クリスマス礼拝を行いました。

今年は、聖歌隊、ハンドベルなど、たくさんの児童が奉仕し、保護者の皆様と共にイエスさまの誕生をお祝いしました。髙橋貞二郎副院長より"あなたのためにある クリスマス"と題したメッセージが語られました。

IMG_5105.JPG IMG_5100.JPG

学芸会が行われました

行事

小学部では4年ぶりの学芸会が行われました。

2・4・6年生は、本番までの約1か月間たくさんの練習を積み重ね、無事に当日を迎えることができました。

舞台上でも観客席でも、子どもたちの真剣なまなざしが印象的でした。

2年生は「十字架への道」でイエス・キリストの生涯を、4年生は「エルコスの祈り」でひとりひとりの個性の大切さについてを、6年生は「曲がり角の先に~A Gift from Hanako~」で東洋英和の大先輩・村岡花子さんの物語を上演しました。

エルコスの祈り.JPG曲がり角の先に.JPG十字架への道.JPG

〇子どもたちの声

・本番でわたしは少し目がうるうるしてしまいました。心は今もまだうるうるしています。このみんなでがんばった「十字かへの道」は、わたしがどこに行っても何をしていても、ぜったいにわすれないと思います。(2年生)

・わたしはどんなやくでもいいと思いました。なぜなら、みんな一人ひとりがとてもたいせつなおやくで、しゅやくだからです。みんながいないとできないのが、げきだとわかりました。(2年生)

・出番が終わって上手に戻ると、みんなが「良かったよ。」と言ってくれてうれしかったです。そしてお話と歌が終わってまくが閉まったら、みんながいっせいに「イエーイ!」と言いました。私も大よろこびでした。(4年生)

小学部に関係するとても大事なお話なので、劇に込める想いがとても大きかったです。役の人物の人生をたどり、心情を考えながら演技しました。お休みの人がいたり大変なこともあったりしたけれど、様々な役目の人たちで協力し合って作り上げた事を本当に誇らしく思います。先生方、友達、全ての方に心から感謝します。(6年生)

このページの先頭へ