研究科案内

池田 明史 教授

  • 専任教員氏名:池田 明史
  • 専門分野:中東現代政治、紛争研究

    〇主な所属学会:日本国際政治学会、国際安全保障学会、英国中東学会

研究テーマ

中東和平プロセス、中東の国際関係
これまで一貫して中東の紛争問題をテーマとしてきた。具体的には、イラン革命、イラン・イラク戦争、湾岸危機・戦争、レバノン戦争、パレスチナ問題、イスラム「原理主義」、アフガン戦争、イラク戦争、アルカイダ等「国際テロ」問題、中東和平に関する諸問題などである。

指導可能なテーマ

現代中東の政治や紛争に関する諸問題、政軍関係などの国際政治的諸問題
基本的に中東に関わる政治的外交的テーマであれば指導可能。これまでの指導テーマでは、日本と中東との関わりについてのものが比較的多い。

論文作成指導方法

テーマの選択についての助言に始まって、文献渉猟の方法や関係研究者・専門家の紹介を行い、テーマに適合的な手法についても指導する。原則として個別のチュートリアル方式による。

担当科目

中近東・アラブ地域特論
総論として、現代中東の政治経済構造の基底にある幾つかの要素(オスマン帝国の遺産、イスラム的伝統、石油依存経済、部族社会構造etc.)を概説し、その後に各論としてパレスチナ問題等の具体的状況を検討する。
途上国政治特論
比較政治制度論や開発経済学の視点から途上国に固有の政治経済構造を概説し、その問題点を剔抉する。


●教員業績はこちらをご覧ください

履歴・職歴等

東北大学法学部卒業(英国オクスフォード大学およびスターリング大学留学)。 アジア経済研究所研究員。イスラエル国ヘブライ大学客員研究員。オクスフォード大学中東研究所客員研究員等を歴任。

著書・論文

(編著)
『イスラエル国家の諸問題』(1994)他

(共著)
『途上国における軍・政治活動・市民社会』(2016)
『中東政治学』(2012)
『イスラエルを知るための60章』(2012)
『大量破壊兵器不拡散の国際政治学』(2000)他
現状分析論文多数

受験生へのメッセージ

多くの日本人にとって中東は「異質」だと捉えられている。確かに、欧米や中国、韓国などと比べれば、中東はわれわれに馴染みが薄いように思われる。しかし、日本と、馴染みのある外国と、そして異質に見える中東との間の、いわば文化の「三角測量」を試みることによって、われわれは自身の置かれている位相をより立体的に把握することが可能になる。中東研究とは、日本を問い直すことでもあるのだ。

一覧へ戻る