研究科案内

前川 美行 教授 博士(教育学)

  • 専任教員氏名:前川 美行
  • 専門分野:臨床心理学:イメージ(夢・箱庭・描画)による心理療法

    〇主な所属学会:日本心理臨床学会、日本箱庭療法学会、日本ユング心理学会、日本学生相談学会、日本描画テスト・描画療法学会、世界乳幼児精神保健学会WAIMH

研究テーマ

ユング心理学、夢分析や箱庭療法等のイメージと力動的心理療法プロセスに関する研究、身体疾患・自閉症スペクトラムの心理療法、現代社会における身体性や間身体性・自己感の問題、産業・学生相談・児童養護施設等の“生活の場”における臨床実践、震災支援

指導可能なテーマ

・心理療法過程に関する理論や研究、夢・言葉・遊び・イメージの心理療法、身体・心・自己感、発達障害の心理的特性、分析心理学
・子育て・母親と乳幼児の心理、虐待の問題等への心理的援助
・“生活の場”における心理臨床実践

論文作成指導方法

ゼミ形式で行う。文献による心理療法過程に関する考察と、実習等の臨床実践から得られた各自の問題意識を話し合い、体験を問い直し、深め、考察して自分自身のテーマに取り組む。ディスカッションを繰り返し、他者に伝える態度と技術を養い、論文作成を目指す。

担当科目

臨床心理学特論Ⅰ(修士論文指導)

Ⅰ・Ⅱ共通のテーマは「心理療法の場で働く力」「夢などのイメージが生み出す変容の力」を臨床場面から考察していくことである。箱庭療法・夢・描画、関係性、自己感、自閉症スペクトラム特性、子どもや生活の場をめぐる問題など、学生の関心をもとに文献講読する。ゼミ形式で討論して心理療法の技能やセンスを磨きつつ研究に着手する。

臨床心理学特論Ⅱ(修士論文指導) Ⅰ・Ⅱ共通のテーマは「心理療法の場で働く力」「夢などのイメージが生み出す変容の力」を臨床場面から考察していくことである。各自の研究を進める。研究とともに「心理的変容を生み出すものは何か」について、自験例をまとめて提示し、ゼミ形式の対話により臨床実践力を磨く。さらに、データ分析と考察により論文を完成させる。
心理実践実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ 公認心理師の指定科目である。専任教員6人共同で担当する。学外実習施設と付属相談室における実習,事前事後指導をとおして公認心理師の職責と意義を学ぶ。
臨床心理基礎実習 学外・学内実習の開始にあたって、事前・事後指導を行う。前・後期各2名の教員が担当。前期は実習の始まりをサポートし、今後の心理的支援活動において身につけるべき技能や視点の学びを促すため、経験を共有し、授業内での実習を行う。
臨床心理実習Ⅰ・Ⅱ 実習機関において要心理支援者に対する実際の支援計画を立案・実践し、その活動を通して臨床心理査定、心理療法、臨床心理学地域援助に関する実際的能力を習得する。その内容について授業内の合同カンファレンスにて指導を受ける。
産業・労働分野における理論と支援の展開 産業・労働分野における心理的支援の理論を関係行政論とともに学ぶ。「労働安全衛生法」など労働に関する主要な法律と施策および社会が抱える問題(過労死・過重労働・ハラスメント等)を理解する。ライフサイクルの視点、事例性と疾病性、個人心理療法との差異なども含み、"生活の場"における支援・コンサルテーションを考察する。ゲストスピーカーによる講義もある。
心の健康・教育に関する理論と実践 心の健康教育に関する理論と実践について、輪講による具体的な場面を想定した役割演技 (ロールプレイング)や事例検討を行い、公認心理師に必要な知識及び技能を習得する。


●教員業績はこちらをご覧ください

履歴・職歴等

大阪大学大学院人間科学研究科博士課程前期修了、京都大学博士(教育学)取得。大学院修了後、臨床心理士として、心理相談機関・企業内カウンセリングルーム・総合病院精神神経科・大学学生相談等で臨床実践に携わる。

著書・論文

「心理療法の場で『私』が出会う事象 ―定型にはまらないモノ―」『東洋英和女学院大学心理相談室紀要』(2018) 
「2億年の時を共に生きていること:コメント」『臨床心理事例研究 京都大学教育科相談室紀要』第45号(2018)
「院生事例論文へのコメント」『心理相談研究神戸女学院大学大学院人間科学研究科心理相談室紀要』(2018)
「『暗闇の底』から跳びだす力:コメント」『天理大学カウンセリングルーム紀要』(2018)
「共時性・コンステレーションに関するユング心理学の基礎文献」『ユング心理学研究』ユング心理学研究 第10巻(2018)
「自閉症スペクトラムのイメージ表現の変容-ランドマークの出現と『私』の生成-」箱庭療法学研究第30巻1号(2017)
「自閉症スペクトラムにおける夢と身体の構造化 : ランダムなイメージをまとめる"自分のもの"という枠に気づくこと」『臨床ユング心理学研究』 第3巻第1号(2017)
「事例から見る箱庭療法の30年」『箱庭療法学研究』第30巻 第1号(2017)
「風景構成法における空間構成のバリエーション -心理臨床家による印象評定より-」『東洋英和女学院大学心理相談室紀要』(2017)
「昔話『蛇婿入』にみる心の変容ー殺された蛇の視点からー」『死生学年報2016』リトン社(2016)
「遊びの『場』を開くことと心理療法 -風景に入り風景を眺める視点-」『東洋英和女学院大学心理相談室紀要』(2016)
「自分を切り出すこと-主体の確立と塗り絵-」臨床ユング心理学研究第1巻第1号(2015)
『針を抜く夢』についての考察-共同体からの離脱と『個』の成立-」臨床ユング心理学研究第7巻第2号(2015)
「イメージ表現と身体性-伝統的な平面感覚と伝来の視点-」『東洋英和女学院大学心理相談室紀要』(2014)
「子どもが語る物語の力-学校に妖怪が生まれるとき-」『東洋英和女学院大学死生学年報』(2014)
「『踊る身体』と『庭』に関する考察―盆踊りと箱庭療法の象徴性―」『東洋英和女学院大学心理相談室紀要』Vol.18(2015)
「アトピー性皮膚炎に苦しむ青年期女性の夢と言葉」『ユング派心理療法』(共著)河合俊雄編著ミネルヴァ書房(2013)
「子どもの生きる力を支える-『禁じられた遊び』と『千と千尋の神隠し』より-」『東洋英和女学院大学死生学年報』(2013)
「風景構成法の空間構成と身体性に関する一遠近法と視点移動―」『東洋英和女学院大学心理相談室紀要』Vol.16(2013)
「“自分の実感”と身体性 -自我体験と身体的自己感―」『東洋英和女学院大学心理相談室紀要』(2012)
「生き物としての箱庭や言葉」『箱庭療法学研究』第24巻第3号(2012)
「身体と記号の共生~見えない語り手~」『東洋英和女学院大学心理相談室紀要』(2011)
「面接構造を乱す不測の事態への対応法」『臨床心理学』金剛出版 第11巻第2号(2011)
「術後せん妄時の幻覚に苦しむ癌患者にみられた身体性の回復に関する考察」箱庭療法学研究第24巻第2号(2011)など。
『心理療法における偶発事』(著書)創元社(2010)
「臨床心理学から見た『出会い』の諸相」『東洋英和女学院大学心理相談室紀要』(2009)
「臨床心理学を活かす 医療①:ワンダーランドの招待状」『新臨床心理学入門』(2006)
「臨床心理学を活かす 医療①」 『新臨床心理学入門』(分担執筆) 日本評論社(2006)
「夢イメージにとどまることの難しさ」 心理臨床学研究第20巻第2号(2002)
「ある身体疾患の女性との心理療法」 心理臨床学研究第16巻2号(1998)
「夢に現れる“醜なるもの”のもつ意味」 心理臨床学研究第15巻1号(1997)
共著『こころの日曜日4』菅野泰蔵編 法研(1996)
「社員相談室」『臨床心理士職域ガイド(こころの科学増刊)』(分担執筆) 日本評論社(1995)
「職場不適応」『心理臨床学大系 第10巻』(分担執筆) 金子書房(1992)
共訳書『父親-ユング心理学の視点から』Samuels,A編集:The Father –Contemporary Jungian Perspectives-(小川捷之監訳)翻訳担当箇所:J.ビーブ著「父親のアニマ」紀伊国屋書店(1987)
○夢ナビ講義-「語りやイメージにより、人の心の中にある力を引き出す『心理療法』」

受験生へのメッセージ

臨床心理学は、「こころ」に浮かんでくるものを大切にする学問です。それは遊びのこころでもあります。こころと身体の交流を感じる柔らかさを大事にして、現場で役に立つ心理職に育ってほしいと思っています。
臨床実践をもとに箱庭療法の可能性、描画や夢の治癒力、身体性について研究しています。

一覧へ戻る