沿革

初代園長 I.S.ブラックモア 初代園長 I.S.ブラックモア

東洋英和幼稚園は、1884(明治17)年の東洋英和女学院設立の30年後、1914(大正3)年に創立されました。初代園長には学院の校長職を4度務めたI.S.ブラックモア女史があたり、厳格で熱心な教育のもと翌年には最初の卒業生男児1名と女児6名が巣立っていきました。

その後のさまざまに困難な時代を経て、東洋英和女学院は現在では幼稚園から大学・大学院 までが連なる学校となりました。キリスト教に基づく「敬神奉仕」の精神は、今も変わることはありません。

神様の愛に導かれて、信頼と感謝の心を育て、奉仕の精神を培う人間教育を目標とした保育は、幼稚園創立から現在に至るまで大切に受け継がれています。

  • 開園当時の園舎 1914(大正3)年

    開園当時の園舎 1914(大正3)年

  • 第一回卒業式 1915(大正4)年

    第一回卒業式 1915(大正4)年

ページトップへ