沿革・保育理念

沿革・保育理念

1884年、カナダ・メソジスト教会によって東洋英和女学院が創設されました。かえで幼稚園は1973年、学院90周年事業の一つとして、横浜たまプラーザの地に建てられました。当初は短期大学付属かえで幼稚園という名称でしたが、その後の大学の変革に伴い、1998年に東洋英和女学院大学付属かえで幼稚園と名称を改め、現在に至っています。

創設当時の5歳児キャンプ(幼稚園にて)

本園は、横浜市青葉区周辺地域の子どもたちの幼児期を支える幼稚園です。
東洋英和女学院の建学の精神である「敬神奉仕」の実践の場として、キリスト教を基盤としての保育を行います。

自分らしさをもって生きる・共に生きる

幼い日に、目には見えないけれどいつでも自分を守ってくださる神さまを知り、その神さまと多くの人から愛されている存在として安心と安定を与えられることを大切に思います。一人ひとりの子どもは、その子らしさをもって自ら動き出し、満足するまで遊びこむ日々を積み重ねる中、友だちや保育者と出会います。そして喜びや悲しみに心を響き合わせながら、すべての人が神さまから愛されていることを知り、互いに尊重する関係へと育ちあっていきます。

建学の精神の礎となる聖書のことば

ページトップへ