ご挨拶

ご挨拶

  • 山下HP用写真.jpg

    園長
    山下  久美

  •  幼い日に、愛される環境の中で育つことは、何よりも大切なことです。愛された子どもは希望のある嬉しい日々を重ねることができ、友達を大切にしたり、されたりする関係を築くことができるようになります。それは豊かな生涯を支えるための確かな根っこです。

  •  かえで幼稚園では、保育者と保護者が手を取り合って子どもたちを共に支えていくことを目指しています。保育者はキリスト教に立ち聖書のみことばを道しるべとし、神さまに与えられた子どもの今日の日が守られるよう、また明日への一歩を踏み出せるよう、一人ひとりを愛しみ、祈ります。 合理化や成果が求められる社会の中、子どもをめぐる環境も考え方も変わりつつあります。しかし、大切なことは変わりません。私たちは、子どもが遠まわりをしても、自分らしさと人との関わりを大事にして喜んで歩む過程に意味があると信じています。子どもは、育ちを待ってくれる大人のまなざしの中でこそ、自律を覚え、自立していきます。

 そして幼児にとって、遊びは生きることそのものです。好きなことや興味のあることから探究と創造を深め、関心を広げていきます。遊びながら生活しながら、美しい物やことば・様々な文化・自然におおいにふれて欲しいのです。本物と出会い、豊かな経験を積むことができるならば、子どもの一日は新しい喜びと発見に満ちるものとなるでしょう。そのような かえで幼稚園でありたいと思います。 かえで幼稚園は、東洋英和女学院のひとつの枝として、また大学の付属園として、50年の歩みが守られてきました。これからも横浜市青葉区美しが丘の地に根ざし、地域の方々とつながり合う子育ての場でありたいと思います。

ページトップへ