大学院トップページ大学院からのお知らせ > 令和6年能登半島地震への本学対応について

令和6年能登半島地震への本学対応について

 学生とご家族ならびに教職員はじめ関係者の皆様へ

 

2024年1月1日に発生した「令和6年能登半島地震」で被災された皆様に、心からお見舞い申し上げます。引き続き情報に十分注意の上、身の安全を最優先に行動していただきたい、というのが本学の願いです。

石川県能登地方を震源とする地震はいまだ断続的に発生しており予断を許しませんが、被災された学生、ご家族の皆様、教職員の皆様におかれましては、被害状況のご報告を以下の通りお願いいたします。

・冬季休業期間明け1月9日(火)から大学院事務室は業務を開始。1月11日(木)より予定通り授業を開始いたします。

1月8日(月)までの緊急連絡は大学院事務室までメールでご連絡ください。

・1月9日(火)以降は、学生およびご家族の皆様におかれましては、大学院事務室までご相談ください。教職員の皆様も、大学院事務室までご相談ください。

なお、今後地震に関する本学からの対応内容は、原則このHP(学生および教職員はe-pass)を通じて行いますので、必ずご確認をお願いいたします。

学生、修了生の皆様、教職員、本学にご入学予定ならびに受験を予定されている受験生の皆様、およびそのご家族の皆様の安全と、被災地の1日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

 

                            2024年1月3日   
                            東洋英和女学院大学
                            学長 星野三喜夫


連絡先:
・大学院事務室
 daigakuin@toyoeiwa.ac.jp

 

前へ
一覧へ戻る