大学院トップページ大学院からのお知らせ > 授業のご紹介「宗教社会学特論」

授業のご紹介「宗教社会学特論」

今回の授業紹介は「宗教社会学特論」です。

人間科学研究科人間科学領域死生学関連分野の専門科目。

今年度は前期土曜日2限(10:40~12:10)に開講しています。担当は、奥山 倫明教授。

授業内容をお届けいたします。

「宗教社会学特論では、文献の輪読をもとにしたディスカッションを行なっています。今年度は東京の民俗宗教を論じた本を読んでおり、都市化、合理化、世俗化が進んだ現代日本でも、さまざまな宗教的習俗が生き生きと息づいていることを学んでいます。実のところ、私たち自身の生活も、そうした習俗に今でもいくらか根差していることに気づきます。この授業は、その点で、学問を通じた自己認識の深化という面もいくらか含んでいると言えます。」

★【HP、FB】(大学院案内)DSC01650.JPG

前へ
一覧へ戻る