大学院トップページ大学院からのお知らせ > 授業のご紹介「臨床心理学特論(小坂ゼミ)」

授業のご紹介「臨床心理学特論(小坂ゼミ)」

★大学院案内_HP(小坂ゼミ)DSC01519.JPG

今回の授業紹介は「臨床心理学特論(小坂ゼミ)」です。

今年度、臨床心理学領域は6つのゼミに分かれて「臨床心理学特論(修士論文指導)」を開講しています。臨床心理学領域の必修科目で、「臨床心理学特論Ⅰ」は1年生、「臨床心理学特論Ⅱ」は2年生の必修科目。毎週木曜日の4限(15:20~16:50)に通年開講しています。臨床心理学特論(小坂ゼミ・担当:小坂和子教授)の授業内容をお届けいたします。

「(写真は)コラージュ体験の様子です。箱庭療法との共通点も多々ありますが、独立した表現療法であり、病院や教育場面、施設などで広く実施されています。今回は、ゼミ生が持ち寄った雑誌やパンフレットを切り抜き、これを題材としてコラージュを作成してみました。はさみで切る、選ぶ、配置する、貼りつける、あるいは貼りないで空白を残す、などさまざまな段階で心理体験が生じます。作品部分だけではなく、言葉のないプロセスも一緒に味わいました。」

前へ
一覧へ戻る