在学生の方

大学院トップページ在学生の方修了について > 修了に必要な単位数

修了に必要な単位数

【人間科学研究科 人間科学専攻(修士課程)】

【2008年度〜2016年度入学生適用】

領域・コース 修士論文・研究成果の提出 修了に必要な単位数
人間科学領域 修士論文または研究成果を提出すること 人間科学領域から演習2科目(4単位)を含む合計30単位以上。他領域・コースまたは他研究科の演習・実習以外の科目8単位まで修了に必要な単位に算入できる。
臨床心理学領域 修士論文の提出が必須 臨床心理学領域の必修(16単位)を含む合計30単位以上。他領域・コースまたは他研究科の演習
・実習以外の科目8単位まで
修了に必要な単位に算入できる。
幼児教育コース 修士論文または研究成果を提出すること 幼児教育演習I・II(4単位)を含む合計30単位以上。幼稚園教諭専修免許資格を目ざす人は免許に必要な課程科目の要件を満たすこと。他領域または他研究科の演習・実習以外の科目10単位まで修了に必要な単位に算入できる。

【2017年度入学生適用】

領域・コース 修士論文・研究成果の提出 修了に必要な単位数
人間科学領域 修士論文または研究成果を提出すること 人間科学領域の科目から必修4科目(8単位)を含む合計30単位以上。他領域・他コース又は他研究科の演習・実習以外の科目8単位まで修了に必要な単位に算入できる。
臨床心理学領域 修士論文の提出が必須 臨床心理学領域の科目から必修6科目(20単位)を含む合計30単位以上。他領域・他コース又は他研究科の演習・実習以外の科目8単位まで修了に必要な単位に算入できる。
幼児教育コース 修士論文または研究成果を提出すること 幼児教育コースの科目から必修4科目(8単位)を含む合計 30単位以上。幼稚園教諭専修免許資格を目指す人は免許に必要な課程科目の要件を満たすこと。他領域又は他研究科の演習・実習以外の科目10単位まで修了に必要な単位に算入できる。

【2018年度以降入学生適用】

領域・コース 修士論文・研究成果の提出 修了に必要な単位数
人間科学領域 修士論文または研究成果を提出すること 人間科学領域の科目から必修4科目(8単位)を含む合計30単位以上。他領域・他コース又は他研究科の演習・実習以外の科目8単位まで修了に必要な単位に算入できる。
臨床心理学領域 修士論文の提出が必須 臨床心理学領域の科目から必修11科目(22単位)を含む合計30単位以上。他領域・他コース又は他研究科の演習・実習以外の科目8単位まで修了に必要な単位に算入できる。
幼児教育コース 修士論文または研究成果を提出すること 幼児教育コースの科目から必修4科目(8単位)を含む合計 30単位以上。幼稚園教諭専修免許資格を目指す人は免許に必要な課程科目の要件を満たすこと。他領域又は他研究科の演習・実習以外の科目10単位まで修了に必要な単位に算入できる。
ページ最上部へ戻る

【人間科学研究科 人間科学専攻(博士後期課程)】

特殊研究Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ(研究指導)12単位及びその他の科目8単位以上、合計20単位以上。博士論文の提出は必須。

【国際協力研究科 国際協力専攻(修士課程)】

【2009年度以降入学生適用】

専攻 修士論文・研究成果の提出 修了に必要な単位数
国際協力専攻 修士論文を提出すること 国際社会演習Ⅰ・Ⅱの組み合わせの4単位または国際協力演習Ⅰ・Ⅱの組み合わせの4単位と、国際社会領域の専門科目・国際社会領域のワークショップ科目、国際協力領域の専門科目・国際協力領域のワークショップ科目のいずれかの領域科目より6単位以上を含め合計30単位以上。このうち他研究科の履修可能な開講科目を8単位まで含めることができる。
研究成果を提出すること 国際社会演習Ⅰ・Ⅱの組み合わせの4単位または国際協力演習Ⅰ・Ⅱの組み合わせの4単位と、国際社会領域の専門科目・国際社会領域のワークショップ科目、国際協力領域の専門科目・国際協力領域のワークショップ科目のいずれかの領域科目より6単位以上を含め合計38単位以上。このうち他研究科の履修可能な開講科目を8単位まで含めることができる。
特定課題に関する「研究成果」は2編を提出のこと。「研究成果」を希望する場合は、中間発表の時点で「研究成果」として提出することを表明しなければならない。