学部・学科

学べる分野・学びのキーワード

あなたが気になるキーワードは?
好きなキーワードをクリックして、
どんなことが学べるのかチェックしてみましょう!
新しい学びとの出会いがあります

各学部・学科の詳しい説明はこちら

人間科学部

人のこころを理解し、
教養のあるしなやかな女性を目指す

子どもの成長に寄り添える、
保育の専門家を育てる

国際社会学部

国際社会の真実を見極め、
主体的に動く国際人を育てる

世界と日本の今を知り、
境界線のない共生を探究する

地域連携・貢献活動

社会に飛び出せ!チャレンジアクション

アイデアを出す、実際に動いて、地域や社会への熱い
思いと、学びで得た知識を力に、社会とつながる!

PROJECT01
SDGs研究会Comradery
with 横浜市水道局

横浜市の水道週間への協力や、企業・団体の主催するイベントに参加するなどし、SDGs推進活動に取り組んでいます。

学生インタビュー
PROJECT02
もりっこ
with 横浜市環境創造局

横浜市が推進する「横浜みどりアップ計画」の一環として実施するイベント。市民が森と関わるきっかけをつくります。

学生インタビュー
PROJECT03
コーヒープロジェクト
with 株式会社ミカフェート

株式会社ミカフェートと大学オリジナルコーヒーを製作し、チャリティ活動を通じてコーヒー豆の産地と交流を深め、SDGsに貢献することを目指しています。

学生インタビュー
PROJECT04
OAC学生広告クリエイティブアワード

デザイン、映像、企画などを学ぶ学生を対象にオリジナルの広告を作成し、表現を競うコンテスト。協賛企業のニューバランスジャパンのCMを制作して応募し、佳作を受賞。(2020年度)

学生インタビュー

あなたを支えるサポート、
あなたを生かすEiwa Spirit

英和生Life

発見!東洋英和の意外なところ

入学してから見つけた東洋英和の
「意外!」「ステキ♡」なところを先輩が紹介!
東洋英和の魅力を見つけてみよう

英和生の雰囲気
マイペースな子が多いので雰囲気がとても良い。
異性の目が無いから、和気あいあいとしている。
女子大だが女の子すぎず、明るくハキハキした子が多い。
入学したら派手髪の子が結構いた!
一人ひとりの個性が豊かで楽しい、人間科学科はオタクが多いかも⁉
女子大だから大人しい人が多いと思っていたけどみんなで仲良くわちゃわちゃできて楽しい!
学びの環境
自然が豊かでキャンパスが広いのでのびのびと学べる。
図書館が広く、自分のお気に入りの場所が見つけやすい。
勉強できる環境がしっかり整っており、自習スペースが多い。
図書館が使いやすく、Yogiboもある!
アクアエクササイズセンターが使いやすい。
ゴルフ場があることに驚き!!
授業
他学科の子とも一緒の授業になって、仲良くなれる。
少人数教育が思ったよりも少人数!
先生との距離が近くて、教室が高校までとあまり変わらない授業もある!
先生
思っていた以上に先生と学生の距離が近く、優しく親身になってくれる先生が多い。
すごい経歴の先生が多くて、学習サポートも手厚い!
先生たちが思っていた以上にフレンドリー
授業の質問以外も気軽に話せる!
英和グルメ
食堂のメニューがどれも美味しい。
毎週木曜日に来るキッチンカーのタイカレーが本当に美味しい!
週3回もキッチンカーが来てくれる。
その他
午前午後とシャトルバスが出ているため、通学が楽!
建物がレトロでかわいい♡
留学生の子と特別な機会がなくても交流ができる。
英和Movie

東洋英和ってこんな雰囲気!

東洋英和で過ごす毎日や授業の雰囲気を動画でご紹介!
実際の大学生活を想像してみてください。

英和生の一日
施設紹介
アドバイザー制
英和生Voice

REAL英和生が教える、キャンパスライフ

学び、活動の場と、可能性が広がる東洋英和の学生が、
東洋英和のことをどう考えているか、教えます!

interview01

人間科学部 人間科学科
教育・人間学専攻 4年
伊能 優花

Q:東洋英和への入学を決めた理由は?

進みたい学問分野が定まっておらず、東洋英和の幅広く学ぶことができるところに魅力を感じました。私が所属する人間科学部は心理学、社会学、教育学、宗教学といった幅広い学問の視点から人間や社会について学ぶことができます。

Q:お気に入りの先生は?

尾崎 博美先生と角藤 比呂志先生です。教育学概論やフィールドワーク、ゼミを受講した時、説明や解説が論理的なので、よく理解できました。中でもフィールドワークとゼミは、知識だけでなく、発表内容に対して先生や学生からフィードバックがもらえて、成長を実感できました。

Q:入学後に知った東洋英和の魅力は?

1つは、英語授業が充実していることです。少人数制なので質問がしやすく、苦手だった英語を克服できました。
もう1つは、就職活動のサポートが充実していることです。メイクやマナー、適性検査(学力試験)対策、自己分析までさまざまな講座を開講しています。また、キャリアセンターの1対1の面談は予約が取りやすく、1回の相談で1時間程度時間を取ってくれるため、エントリーシートの添削や面接練習を効率良く対策することができます。

※2022年度の情報です。

interview01

国際社会学部 国際コミュニケーション学科
4年
中谷 麻衣

Q:東洋英和の学生の印象は?

想像以上に個性豊かだと思います。加えて、お互いを否定することなく受け入れられる人が多い印象です。

Q:大学で学んだことで感動、感心したことは?

2年次に英語のトップクラスで授業を受けた際、周囲のレベルの高さに感心しました。
オールイングリッシュの授業が増え、クラスメイトの中には英語を流暢に話せる人もいたからです。周りから刺激を受けながら、英語力向上に励むことができました。

Q:今後の目標は?

首席で卒業したいです!入学当初から自分なりに学業に励んできたので、有終の美を飾れたらうれしいので、引き続きがんばっていきます。

※2022年度の情報です。

interview03

国際社会学部
国際社会学科 4年
石井 ありす

Q:通学途中によくやることは?

音楽を聴いたり、LINEニュースをチェックします。あとは、愛犬の写真を見返して元気をもらっています。

Q:大学の中で頻繁に行うことは?

ラーニングコモンズで学生コンシェルジュやコーヒープロジェクトの後輩、ラーニングコモンズのサポート職員さんとの会話を楽しんでいます。先生とお話をするために研究室にもよく行きます。

Q:大学の友人との放課後の過ごし方は?

食べることが好きな友人が多いので、オシャレなカフェやご飯屋さんに行き、美味しいものをたくさん食べながら会話を楽しんでいます。コロナ禍で直接会話をすることが困難な時期があったからこそ、久々に会うと話が止まらず、笑いも絶えません。

※2022年度の情報です。