2019年度後期 留学生文化研修(落語鑑賞)

12/14(土)に、タイの留学生2名と国際交流部が落語鑑賞へ行きました。

場所は磯子公会堂。2人とも初めての落語でしたが、話すスピードが早く、難しい言葉もたくさんあったそうです。絶対に笑ってしまうだろうと楽しみにしていた反面、わからない部分もたくさんあって、「理解できればきっと楽しいのに」と悔しい思いをしたそうですが、日本語をもっと聞き取れるようになってからまた落語を鑑賞したいと前向きな感想!向上心が素晴らしいです。

理解できた部分はとても面白かったとのこと。全部聞き取って理解することができればきっと心の底から楽しめることでしょう。日本語が上達したかどうか確かめたいときは、ぜひ落語鑑賞にもう一度チャレンジしてみてほしいと思います!