タイトル画像:インターンシップについて
キャリア・就職

インターンシップについて

実務実践型ならではの学べることが多く、とても充実した10日間になりました。

人間科学部人間科学科 3年 Fさん

実習先:エービーシー商会

Q.インターンシップの内容を教えてください。

事務職と営業職を、それぞれの部署に配属され体験しました。
事務職では、出荷証明書の作成や伝票処理、発送をさせていただきました。また、お客様や他の事業部の方からかかってくる電話を実際に対応しました。
営業職では、営業同行させていただき、実際にエービーシー商会の商品が使われている場所を確認することができました。

Q.インターンシップを振り返り、どのような学びがありましたか?

参加前は、事務職はパソコンに向き合う機械的なお仕事、営業職は会社の商品を説明するお仕事、のような漠然としたイメージを持っていました。しかし実際には、事務職はお電話で人と話すことが多く、顔が見えない分、対面以上に相手を思いやる気持ちを持つことで、やりがいや楽しさ、人間味のあるお仕事だと学びました。また営業職では、ただ会社の商品を売り込もうとする気持ちではなく、お客様がやりたいことを聞いたうえで、それを叶えるための寄り添った提案をするお仕事だということ、問題が発生したら素早く調整や交渉を行なうこと、現場に赴いて、専門的なアドバイスをしたり、手伝ったりすることで信頼関係を築いていく、難しいけれどとてもやりがいのあるお仕事だと知りました。

社員全員が商品について熟知しており、社内全体で協力し合っているという雰囲気がよく伝わってきました。事業部ごとの業務で完結するのではなく、すべての業務が事業部全体を通して繋がっているという意識を、10日間で実感することができたのが大きな学びとなりました。

Q.後輩へメッセージをお願いします!

10日間のインターンシップでは、個人やグループで発表する機会がとても多いです。人前で話す練習ができますし、何よりも刺激をたくさん受けます。
私は10日間で自分はこのままではだめだと何度も思いました。しかし、それに気づき努力したことで、最終日に人事の方に、「別人のように声が大きくなっていたよ、本番に強いね」と言っていただくことができました。自分の成長を実感できる充実したインターンシップになると思います。

おすすめコンテンツ