タイトル画像:NEWS

NEWS

2023年12月22日

クリスマス礼拝が行われました

1220日(水)に礼拝堂にてクリスマス礼拝が行われました。

説教者として東京神学大学学長の神代真砂実先生をお迎えし、宗教委員会委員長の小坂和子先生による司式、
学院・大学オルガニストの武田ゆり先生による奏楽、学生等(オーケストラ部・聖歌隊・聖書研究会(T.C.F.)・
ハンドベル部・生涯学習センター受講生)による演奏や奉仕により礼拝が進められました。

アドヴェントクランツの5本のろうそくの光、キャンドルライトの光の中、神代先生より「ふだん着のクリスマス」と題して説教をしていただき、説教後にはクリスマス献金の時間も持たれました。

礼拝の終盤では4年振りに聖歌隊・生涯学習センター講座受講生からなる合同聖歌隊とオーケストラ部による
「ハレルヤコーラス」の演奏も行われ、その他オルガン・ハンドベル演奏等、音楽によってもクリスマスが祝われました。

本日配付されたプログラムの表紙絵は保育子ども学科2年の高橋七菜さんの作品です。温かな雰囲気の表紙は出席者の方にも大変好評でした。礼拝の最後に高橋さんと共に宗教委員会賞受賞の保育子ども学科3年宇野千聖さんもご紹介されました。お二人の作品はこちらでもご紹介しています。

在学生・保護者・卒業生・教職員・地域の方が一堂に会し、皆でクリスマスを祝う、心温まるひと時を過ごしました。

皆様がよきクリスマス・年末年始をお過ごしになれますように。

20231220_2.JPG暗くした礼拝堂にアドヴェントクランツとキャンドルライトの光がほのかにか輝きました
20231220_3.JPG東京神学大学学長の神代先生よる説教
20231220_5.JPGオーケストラ部、合同聖歌隊による4年振りのハレルヤコーラス
20231220_4.jpg今年のクリスマス礼拝プログラム。表紙絵を飾った高橋さんは2年連続の受賞となりました!