タイトル画像:NEWS

NEWS

2022年02月10日

チャペルコンサートを開催中です!出演者からのコメント第1弾

本日は、2月1日(火)より公開中のオンラインチャペルコンサート出演団体からのコメントを紹介します。
東洋英和女学院大学に関わる様々な個人や団体が参加しましたが、今回は独唱を披露した学生とハンドベル部部長のコメントをご紹介いたします。

独唱 佐々木唯乃さん(国際社会学科2年)
「中高で合唱部に所属しておりましたが、大学に入学して以来歌う機会がなく、約3年ぶりに人前で歌わせて頂きました。皆さまのもとに『くすしき恵み』が訪れるよう、祈りながら歌わせていただきましたので、楽しんでいただけますと幸いです。」

ハンドベル部 部長(国際社会学科3年)
「今回の演奏会は、コロナ禍において数少ない発表の機会でした。感染症によって落ち着けない毎日ですが、ハンドベルの美しく繊細な音による癒しの時間をお届け出来たらと思います。」

今回ご紹介した独唱、ハンドベルに加えオルガンと三つの音色で作り上げた「アメージング・グレース」は、心休まる素敵な演奏です。是非、ご視聴ください。

今後もチャペルコンサートの情報をお届けする予定です。お楽しみにお待ちください。

チャペルコンサートは以下のGoogleDriveよりご視聴ください。プログラムもご覧いただけます。
視聴期間:2022年2月28日(月)23:59までご覧いただけます。

※各動画撮影は新型コロナウイルス感染症の対策をした上で実施いたしました。

ご視聴期間は2月28日(月)をもちまして終了いたしました。
ご視聴、ありがとうございました。

JASRAC

アーカイブ