タイトル画像:大学の方針
大学概要

大学の方針

3つのポリシー

東洋英和女学院大学は、建学の精神「敬神奉仕」の理念を実現するため、
次の3つの大学の方針(ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、
アドミッション・ポリシー)を定めています。

詳細は下記PDFをご参照ください。

3つのポリシーはこちら
  • 東洋英和女学院大学

    ■ディプロマ・ポリシー

    東洋英和女学院大学は、建学の精神「敬神奉仕」によるキリスト教的な価値観・倫理観に基づき、以下のような力をもち、学科の卒業要件を満たしたものに、「英和スピリッツ」を身に付けた人材として学士の学位を授与する。
    1. 自分自身の価値規範や行動基準を身につけている。
    2. 今後ますますグローバル化していく社会において、他者と人格的関係を取り結ぶことができる。
    3. 幅広い教養と専門的な知識、社会に対する柔軟性と適応力、他者と自己を理解する力を身につけている。

    ■カリキュラム・ポリシー

    東洋英和女学院大学のカリキュラムは、建学の精神「敬神奉仕」の理念のもとに「英和スピリッツ」を身につけることができるよう、以下のように編成されている。
    1. 現代社会のしくみと現代を生きる人間とその支え合いの実態を総合的に学ぶことで、自ら考え、行動できる、自立した女性の育成を目指している。
    2. 本学のカリキュラムは、全学共通科目、学部共通科目、学科専門科目、自由選択科目より構成され、さらにライフデザイン科目を含め、社会人基礎力の涵養をはかるものとなっている。
    3. 全学共通科目としては、学科の専門科目を探究するための基盤と知性、論理的な思考力を養えるよう、幅広い分野の科目を提供している。
    4. 各学部学科における専門科目のカリキュラムは、段階的、体系的に編成し、専門的知見を習得しつつも広く隣接領域を見通して行くことのできる人材を育成している。

    ■アドミッション・ポリシー

    東洋英和女学院大学は、入学者として、以下のような人材を求める。
    1. 時代にふさわしい社会性と国際性を身につけた女性を目指している。
    2. 深い専門性と幅広い教養を身に付け、豊かな人間性を育みたいと考えている
    3. 基礎学力だけでなく、目的意識、積極性、コミュニケーション能力も重視し、豊かな個性と多彩な能力を身に付け成長したいと考えている。
  • 人間科学部

    ■ディプロマ・ポリシー

    人間科学部は、東洋英和女学院大学の掲げる「英和スピリッツ」を身につけ、人間の心理・教育・社会・宗教・保育に対する科学的な理解と豊かな感性をもった人材の育成を目指す。他者と継続的にかかわるための専門的な知識・技能・方法論・思考力・判断力をもち、自己理解を深めるとともに、自らが参加する社会に貢献する志を備え、他者のために自らが率先して行動する力をもつ人材に学位を授与する。

    〇人間科学科

    人間科学科は、「人間」に対する科学的で実践的な教養の力に基づいて社会に参加し、創造的に活動する人材を育成する。特に、自分自身への理解を深めると共に、自分と異なる価値観・文化や他者に対して深い理解と愛情をもち、協働的なコミュニケーションができる人間形成を重視する。そのうえで、社会の多様な分野で先駆的に活躍・貢献する意欲・能力を併せ持つ人材に学位を授与する。

    〇保育子ども学科

    保育子ども学科では、未来の社会を担う子どもたちのより良い育ちを保障する保育・教育について多面的に考える力を持ち、子どもの育ちを支える保育者として、深い子ども理解と確かな実践力をもって社会に貢献する人材に学位を授与する。

    ■カリキュラム・ポリシー

    人間科学部のカリキュラムは、幅広い視点を取り入れた科目群を設定し、特色ある科目によって総合的かつ多角的な知識・技能・方法論・思考力・判断力を身につけられるように編成されている。少人数体制の授業、フィールドワーク、アクティブ・ラーニングを取り入れ、自己理解とともに自らが参加する社会への理解を深めることを通して、実践的な教養と専門性の育成を到達目標とするカリキュラムを編成している。

    〇人間科学科

    人間科学科は、「人間」に対する科学的で実践的な教養の力を身につける科目、異文化理解と自己理解に基づく協働的コミュニケーション能力を身につける科目、社会の多様な分野に先駆的に活躍・貢献する意欲・能力を併せ持つ人間性の涵養を目指す科目を設置する。また、基礎教育の充実、少人数制教育やグループワークの積極的活用、文献研究、フィールド調査やデータ分析の実践的経験の重視を通して、多様で複雑な現実のなかで実際に活用・参加できる力を養うことを目指したカリキュラムを編成している。

    〇保育子ども学科

    保育子ども学科のカリキュラムは、幅広い知識と豊かな感性の習得による総合的人間力を基礎として、キリスト教の人間観と子ども理解に立った保育者養成(幼稚園教諭一種免許課程および保育士資格)課程を修めるものである。また、子どもの未来を共に築く意識を持った人材を養成することを目的として、単なる資格・免許の指定科目にとどまらず、子どものウエルビーイングを保障する教育とケアについて総合的に学び、より広く・深い視野と実践力の育成を到達目標としたカリキュラムを編成している。

    ■アドミッション・ポリシー

    人間科学部は、入学者として、以下のような人材を求める。

    1. 人間の心理・教育・社会・宗教・保育について学ぶ基礎となる、国語、外国語、社会、数学、理科など、高等学校で学習する範囲の知識を学び、それらの内容を理解している。
    2. 現代社会における人間の心理・教育・社会・宗教・保育に関するさまざまな問題に深い関心を持ち、文献を読み、自分自身の意見や考えを他者に表現し関わっていくコミュニケーション力をもつ。
    3. 人間の心理・教育・社会・宗教・保育を肯定的に捉え、他者のために自らが率先して動きたいという意思を持ち、そのために多角的な洞察力、判断力、感性を高めていくことの必要性を理解している。
    4. 自分自身がもつ個性や能力が何かを知りたい、創り上げたいという気持ちをもち、それらを活かすための専門的な知識やスキルを習得したいと考えている。
    5. 専門性を備えた社会の一員としての意識を持ち、人間が生み出す文化・コミュニティの発展や子どもの成長・発達に貢献する幅広い実践に携わることを将来の自分の姿として描いている。
  • 人間科学部 人間科学科

    ■ディプロマ・ポリシー

    1. 人間科学科は、「人間」に対する科学的で実践的な教養の力に基づいて社会に参加し、創造的に活動する人材を育成する。特に、自己理解と多様な他者の理解に基づく協働的なコミュニケーションができる人間形成を重視する。そのうえで、社会の多様な分野で先駆的に活躍・貢献する意欲・能力を併せ持つ人材に学位を授与する。
    2. 人間科学科は、建学の精神に基づき、次のような力をもつ人材を育成する。
      1. 心理学・教育学・社会学・宗教学などのさまざまな領域を横断する豊かな知識と技能を習得し、自分自身の興味・関心を学問的で客観的な視点へと発展させる力を身につけている。
      2. 伝統や文化を継承しながら、次の時代に求められる新しさを目指して主体的に判断する力と視点をもち、それらを実現する実行力を獲得している。
      3. 心理学・教育学・社会学・宗教学などのさまざまな領域における具体的な事例や現象に対する深い洞察力、論理的な思考力、共感する力、実感する力を獲得し、自らの価値観・人生観・死生観を身につけている。
      4. 自己理解と他者理解とを結びつけ、多様な他者に配慮するとともに、他者との間に新しいモノ・コトを生み出す安定した関係をつくることができる。
      5. 各専攻における具体的な目標は以下の通りである。
        • 心理科学専攻
          「人間」の総合的理解に基づき、深く人間のこころと行動を解明する心理学の専門的な知識と方法論を身につけて、社会の多様な分野で先駆的に活躍する人材の育成を目指す。
        • 教育・人間学専攻
          1つの領域に留まらない分野横断的な視点から「人間」や「社会」の現実を総合的に理解する力をもち、「いのち(生命)」や「かかわり(関係)」をもつ存在としての「人間」理解を活かして、人とかかわる分野で活躍する人材の育成を目指す。

    ■カリキュラム・ポリシー

    1. 人間科学科は、「人間」に対する科学的で実践的な教養の力を身につける科目、異文化理解と自己理解に基づく協働的コミュニケーション能力を身につける科目、社会の多様な分野に先駆的に活躍・貢献する意欲・能力を併せ持つ人間性を涵養する科目を設置する。また、基礎教育の充実、少人数制教育やグループワークの積極的活用、フィールド調査やデータ分析の実践的経験の重視を通して、多様で複雑な現実のなかで実際に活用・参加できる力を養うことを目指したカリキュラムを編成する。
    2. 人間科学科は、以下のカリキュラム構成をとる。
      1. 人間科学科のカリキュラムは、初年次教育、基礎的科目群、専門的科目群、総合的科目群から構成され、心理学・教育学・社会学・宗教学などのさまざまな領域にまたがる特徴ある科目を設置する。
      2. 人間科学科のカリキュラムは、1年次から4年次までの連続性を重視し、大学での学びの基礎となる力を養う初年次教育を実施する。大学4年間を通して少人数のゼミ形式の授業を設置し、知識、意欲、能力等を包括した人間性の滋養を目指す。
      3. 人間科学科の基礎的科目は、社会の多様な分野における科学的な教養の力を身につけることを目的とし、心理学・教育学・社会学・宗教学4つの領域を中心とする。専門的科目は、諸領域の専門性に基づく実践的な教養の力を身につけることを目的とし、心理学・教育学・社会学・宗教学などの多様な領域における、現状分析・フレーミング・行動および実践を伴う教養の力を養う。
      4. 人間科学科の総合的科目は、自己理解と異文化理解に基づく協働的コミュニケーション能力を身につけることを目的とし、他者理解に基づく多様な文化に実際に関わる素地を形成する。具体的な場面設定をもつ講義・演習科目、実習、フィールドワーク、プロジェクト型学習等を多数設定し、社会の多様な分野で先駆的に活躍・貢献する意欲・能力を養う。
      5. 各専攻における具体的な目標は以下の通りである。
        • 心理科学専攻
          心理学・教育学・社会学・宗教学などを通して「人間」の総合的理解の基礎を形成する。そのうえで、基礎から専門まで系統的に心理学の専門的な知識と方法論を学ぶための科目を設置する。また、公認心理師の資格科目を整備し、「人間」や「社会」の多様性・重層性の体験的理解を通じて、心理に関する支援者としての資質基盤を涵養する。
        • 教育・人間学専攻
          心理学・教育学・社会学・宗教学などを通して「人間」の総合的理解の基礎を形成する。そのうえで、1つの領域に留まらない分野横断的な視点から「人間」や「社会」の現実を総合的に理解する力を身につけるため。また、「いのち(生命)」や「かかわり(関係)」をもつ存在としての「人間」の多様な価値観の理解を促す科目を設定する。

    ■アドミッション・ポリシー

    人間科学科は、人のこころや人間性について幅広く学ぶことを通して、心理・教育・社会・宗教などのさまざまな問題を科学的に捉え、多様な人々と協働しながら問題解決を実現する人材を育成する。

    求める学生像(将来の進路)

    人間科学科は、自分自身の個性や能力を活かし、幅広く人と関わる職業・分野で活躍することを希望する学生を求める。

    期待する能力

    人間科学科は、入学者として、以下の能力をもつ人材を求める。

    [知識・理解]
    • 高等学校などにおいて、人のこころや社会について学ぶ基礎となる、国語、外国語、数学、地理歴史、公民、理科などの科目を履修し、それらの内容を理解している。
    • 高等学校卒業時までに、日本語検定、日本漢字能力検定、実用英語技能検定、実用数学技能検定などの、幅広い教養を身につける基礎となる能力を有していることが望ましい。
    [思考・判断]
    • 自らが興味や関心をもつ事柄に関する知識や情報を集め分析する思考力をもつ。
    • 知識や情報に基づいて解決すべき課題を発見・設定し、その課題に対する自らの意見を作り上げる判断力をもつ。
    [関心・意欲・態度]
    • 人のこころや人間性について深くみつめようとする好奇心や幅広い関心をもつ。
    • 自らが関心をもつ事柄をより学問的で実践的な視点から知りたい、経験したいという意欲をもつ。
    • 自らの意欲に基づいて、主体的に人や社会と関わり、具体的な行動に移す態度をもつ。
    [技能・表現]
    • 他者の意見や考えを傾聴し、その立場を理解し、その考えや価値観を尊重することができる。
    • 多様な他者と関わるなかで、自分の考えや価値観を適切に表現することができる。
  • 人間科学部 保育子ども学科

    ■ディプロマ・ポリシー

    1. 保育子ども学科では、未来の社会を担う子どもたちのより良い育ちを保障する保育・教育について多面的に考える力を持ち、子どもの育ちを支える保育者として、深い子ども理解と確かな実践力をもって社会に貢献する人材の養成を目指す。
    2. 保育子ども学科は、建学の精神に基づき、次のような力をもつ人材を育成する。
      1. リベラルアーツを基礎に、論理的思考と深い洞察力をもって子どもと子どもを取り巻く社会や文化を見つめ、総合的な人間力を通して子どもや家族、社会に継続的にかかわり未来を共に創る力をもつ。
      2. 保育者として必要な知識と技能を獲得し、子どもの発達段階や個性、状況に合わせてそれらを柔軟に活用する実践的な力をもつ。
      3. 国際的な視野から子どものあり方や保育・教育への理解を築き、専門性を通じて国際社会に貢献する力をもつ。
      4. 豊かな感性をもち、子ども独自の世界を共感的に理解すると同時に、自らもまた自己を豊かに表現して子どもとより深くかかわる力をもつ。
      5. 心理・福祉の視点から子どもへの深い理解を築き、特に困難な状況にある子どもを支援し、継続的にかかわる実践力をもつ。

    ■カリキュラム・ポリシー

    1. 保育子ども学科のカリキュラムは、幅広い知識と豊かな感性の習得による総合的人間力を基礎として、キリスト教の人間観と子ども理解に立った保育者養成(幼稚園教諭一種免許課程および保育士資格)課程を修めるものである。
      また、子どもの未来を共に築く意識を持った人材を養成することを目的として、単なる資格・免許の指定科目にとどまらず、子どものウエルビーイングを保障する教育とケアについて総合的に学び、より広く・深い視野と実践力の育成を到達目標としたカリキュラムを編成している。
    2. 保育子ども学科は、以下のカリキュラム構成をとる。
      1. 保育子ども学科のカリキュラムは、総合的な人間力の育成を目指す全学共通科目および、心理学・教育学・社会学・宗教学等の視野から幅広い人間理解を形成する学部共通科目と、主に保育者養成を目指す学科基礎科目・学科専門科目の4つの科目群から構成される。
      2. 学科専門科目については、保育子ども基幹科目群、対象の理解科目群、内容・方法の科目群、基礎教科科目群、演習科目群、実習科目群の6つに分類され、保育者養成にかかわる基礎的科目から応用的・指導法的科目に向けて体系的に配置される。
      3. 幼稚園教諭一種免許ならびに保育士の資格課程に関わる科目にとどまらず、保育子ども基幹科目群には「子どもと国際」「子どもと感性」「子どもと心理」の3つのコースの科目群(講義3科目・フィールドワーク1科目)をおき、学生は3つのコースから 1 つを選択し、少人数での学びを通して、子どもの未来を共に築く、広く・深い視野と実践力を身につける。

    ■アドミッション・ポリシー

    保育子ども学科は、保育士資格、幼稚園教諭一種免許が取得できるカリキュラムを設け、子どものよりよい育ちを支え、見守る専門家を育成する。

    求める学生像(将来の進路)

    保育子ども学科は、保育・幼児教育の専門知識をもって、子どもの生きる力や適用しようとする柔軟性を受け止め、成長をうながし、主体的に社会に貢献できる学生を求める。

    期待する能力

    保育子ども学科は、入学者として、以下の能力をもつ人材を求める。

    [知識・理解]
    • 高等教育において、保育・教育に求められる専門知識の土台となる、国語、外国語、地理歴史、公民、理科などの科目を履修し、それらの内容を理解している。
    • 表現の技術に関わる音楽、美術、体育の基礎的経験を有している、または関心をもっていることが望ましい。
    • 対人関係やコミュニケーションの基礎となる部活動やボランティアなどの社会経験があることが望ましい。
    [思考・判断]
    • 子どもの保育・教育に関する知識や情報を集め、子どもとの関わりなどの実践につなげる思考力をもつ。
    • 人々の生活を多面的に理解し、基本的人権や子どもの権利の保障などの視点から自ら行動する判断力をもつ。
    [関心・意欲・態度]
    • 子どもをめぐるさまざまな社会問題に対して好奇心や興味をもち、主体的に学ぼうとする意欲をもつ。
    • 子どもの命を守り、子どもの最善の利益に配慮した関わりができる。
    [技能・表現]
    • 子どもの気持ちや考えを傾聴し、それらを受け止め、尊重することができる。
    • 子どもの豊かな感性を育てるために必要な基礎的な表現力・主体性を有している。
  • 国際社会学部

    ■ディプロマ・ポリシー

    国際社会学部は、東洋英和女学院大学の掲げる「英和スピリッツ」を身につけ、グローバル化が進む現代社会において、主体性と柔軟性を持って国際社会の諸問題に対応できる人材を育成する。国際社会を理解するための専門的知識を身に付けた教養人として、自己の社会的役割を理解し、日本および世界のさまざまな場所で活躍できる人材に学位を授与する。

    〇国際社会学科

    国際社会学科は、現代社会に関する幅広い教養と豊かな現実感覚(国際性)を備え、社会科学のさまざまな専門知識を用いて、現代の社会問題を解決することで、人々の幸福や発展に寄与できる人材を育成する。さらに、世界のなかでの自らの役割と可能性を常に意識しながら、新しい時代の創造に向けて、主体的に行動することができる人材に学位を授与する。

    〇国際コミュニケーション学科

    国際コミュニケーション学科は、国際的な舞台において互いの国の社会事情や文化的背景を理解しつつ、円滑にコミュニケーションを図ることができるグローバル人材の育成を目指す。そのために、グローバル・スタディーズ、国際日本研究、異文化理解、英語関連の4領域を専門の柱に置き、それらをバランスよく学ぶことを教育の目標とする。また、日本および国際社会の一員として、他者を思いやり、社会に貢献する行動を取ることができる人材の育成を目指す。これらの目標を満たした人材に対し学位を授与する。

    ■カリキュラム・ポリシー

    国際社会学部のカリキュラムは、国際社会に関する専門的知識ならびに汎用的知識・技能を段階的かつ一貫性をもって身につけることができるように編成されている。本教育課程の科目は、難易度に基づき「初級」、「中級」、「上級」のレベルに分類され、学年進行に応じて知識・スキルを段階的に積み上げられるよう計画されている。

    〇国際社会学科

    国際社会学科のカリキュラムは、修学基礎科目や入門科目を軸とする共通の初年次教育と、各自の学問的関心に基づいた自由な科目履修を可能とする2年次以降の専門教育によって構成されている。社会科学全般をより広く学ぶことができると同時に、学生の関心や研究課題に対して、学生が主体的に自らの学びを計画できるように編成されている。また、英語で学ぶ専門科目が複数置かれ、2年次後期には一定の条件を満たした参加者が参加できる語学留学プログラムも設けている。

    〇国際コミュニケーション学科

    国際コミュニケーション学科のカリキュラムは、全学共通のアカデミックスキルズ科目を軸とする初年次教育と、グローバル・スタディーズ、国際日本研究、異文化理解、英語関連の4領域を軸とする2年次以降の専門教育によって構成されている。また、グローバル人材に欠かせない主体性と行動力を育み、4領域の学びを実体験を通して学べるよう留学関連科目とともに2年次後期に留学プログラムを設けている。

    ■アドミッション・ポリシー

    国際社会学部は、入学者として、以下のような人材を求める。

    1. 世界のさまざまな国・地域の政治、経済、社会問題、文化事情等に強い関心を持ち、将来は世界を舞台に活躍したいと考えている。
    2. 現実の社会問題の本質を理解し、国際協力等を含め、自ら問題の解決に貢献したいと欲している。
    3. 多様な思想や宗教、価値観や視点、生活習慣等に関心を持ち、誤解や偏見の少ない社会の実現に貢献したいと考えている。
    4. プレゼンテーションスキルや外国語の運用力など、現代社会を生き抜くうえで必要不可欠なコミュニケーション技能や情報発信能力を身に付けたいと考えている。
    5. 大学で身につけた知識・スキルを他者や社会のために積極的に活用していきたいと考えている。
  • 国際社会学部 国際社会学科

    ■ディプロマ・ポリシー

    1. 国際社会学科は、現代社会に関する幅広い教養と豊かな現実感覚(国際性)を備え、社会科学のさまざまな専門知識を駆使して現代社会の諸問題の解決に取り組み、人々の幸福や発展に寄与できる人材を育成する。世界のなかでの自らの役割と可能性を常に意識しながら、新しい時代の創造に向けて、主体的に行動することができる人材に学位を授与する。
    2. 国際社会学科は、建学の精神に基づき、次のような人材を育成する。
      1. 社会における多様な価値観やライフスタイルを理解し、開かれた問題関心と豊かな現実感覚を身につけている。
      2. 変わりゆく社会を多角的に把握できる幅広い知識と、社会の課題を的確に理解・分析するための高度な専門知識・技能を身につけている。
      3. 社会科学分野における問題設定の方法や研究手法の基礎を習得している。
      4. 他者の考えを理解するコミュニケーション能力や自らの意見を明確に伝える情報発信能力を継続的に鍛錬し、問題解決の企画に仲間と協働して取り組む力を身につけている。
      5. 他者や社会に貢献することに価値を見出し、アクティブラーナーとして、生涯にわたってその実践を自らの成長や自立的な学習につなげていくことができる。

    ■カリキュラム・ポリシー

    1. 国際社会学科のカリキュラムは、全学共通のアカデミックスキルズ科目を軸とする初年次教育と、「国際政治」、「経済・ビジネス」、「国際協力」、「メディア社会」の各コース科目群を中軸とする2年次以降の専門教育によって構成されている。社会科学全般を広く学ぶことを可能とする科目構成となっており、海外研修やインターンシップなどの実践科目も多く設置され、自身の関心や研究課題に対して、学生が主体的に自らの学びを計画できるように編成されている。
    2. 国際社会学科は、以下のカリキュラム構成をとる。
      1. 開講科目は、全学共通科目、学部共通科目、学科専門科目、自由選択科目の4つに分類される。自由選択科目は、学生個人の興味に沿った幅広い科目選択を可能にするために設置されており、全学共通科目や他学科専門科目、留学先で履修した科目等を卒業に必要な単位として算入できるようになっている。
      2. 学部共通科目には、国際社会学部が開講している専門科目の諸領域を概観する「21世紀の国際社会をみる視点」と少人数の演習形式で学ぶゼミナール科目が置かれている。ゼミナールは全学共通科目である「フレッシュマン・セミナー」を含め1年次から4年次まで必修であり、課題探究力や問題解決能力、論理的思考能力の向上を目的としている。特に3・4年次は同一教員のゼミナールを履修し、4年間の学問の集大成として卒業論文・プロジェクトに取り組む。
      3. 国際社会の体系的理解を目指した学科専門科目は、「国際政治」「経済・ビジネス」「国際協力」「メディア社会」の4つのコース科目群と、学科教養科目群を軸に構成されている。それぞれの領域には、初級・中級・上級科目まで積み上げ式の履修を可能とする科目が複数設置されている。また、「海外研修」「インターンシップ」「メディア演習」など、専門科目とのつながりを意識できる豊富な実践科目が、それぞれの領域で複数設置されている。
      4. 英語の実用能力の向上を目指した学科英語科目群には、国際社会のさまざまな側面について英語で学ぶ科目が置かれている。また、2年次後期に語学留学プログラムが置かれ、留学関係科目の修得など、一定の条件を満たした希望者が参加できるようになっている。

    ■アドミッション・ポリシー

    国際社会学科は、複雑な世界を分析するための方法や手段を体系的に学ぶことを通して、グローバルな観点から行動し、社会に貢献することができる人材を育成する。

    求める学生像(将来の進路)

    国際社会学科は、政治・経済・社会などの観点から、よりよい世界やよりよいコミュニティのあり方を追求する意欲をもち、将来は広く社会に貢献したいと考えている学生を求める。

    期待する能力

    国際社会学科は、入学者として、以下の能力をもつ人材を求める。

    [知識・理解]
    • 大学で政治・経済・社会や国際問題について学ぶ基礎となる、国語、外国語、数学、地理歴史、公民、理科などの科目を高等学校などにおいて履修し、それらの内容を理解している。
    • 高等学校卒業までに、実用英語技能検定、日本語検定、日本漢字能力検定、実用数学技能検定など幅広い教養を身につける基礎となる能力を有していることが望ましい。
    [思考・判断]
    • 学んだ知識をもとに、自分なりの問いや意見を考えることができる。
    • 体系的に知識を習得し、物事の判断材料として活用することができる。
    [関心・意欲・態度]
    • 現代社会の多様な問題に関心をもち、継続的に知識を習得していく意欲をもつ。
    • 国際社会や国内社会の諸問題を理解し、その解決策を探りたいという意欲をもつ。
    • 行動を通じて学ぶことや、学んだことを実践することに積極的な態度をもつ。
    [技能・表現]
    • 自分の主張や考えを、文章や口頭発表などを通じて適切に表現することができる。
    • 論拠となる情報を、適切に吟味し、選択することができる。
    • 他者と協力しながら、意見や見解をまとめることができる。
  • 国際社会学部 国際コミュニケーション学科

    ■ディプロマ・ポリシー

    1. 国際コミュニケーション学科は、国際的な舞台において互いの国の社会事情や文化的背景を理解しつつ、円滑にコミュニケーションを図ることができるグローバル人材の育成を目指す。そのために、グローバル・スタディーズ、国際日本研究、異文化理解、英語関連の4領域を専門の柱に置き、それらをバランスよく学ぶことを教育の目標とする。また、日本および国際社会の一員として、他者を思いやり、社会のために正しい行動を取ることができる人材の育成を目指す。これらの目標を満たし、Ⅱに定める具体的資質を身につけた人材に対し学位を授与する。
    2. 国際コミュニケーション学科は以下の資質を備えた人材の育成を目指す。
      1. 世界のさまざまな国や地域の政治・経済・社会・文化事情等に精通し、それらの国・地域の人々と協調しながら仕事や生活を共にできる準備がある。(グローバル・スタディーズ)
      2. 日本の政治・経済・社会・文化事情等について客観的な知識を有し、それらを他国の人々に説明できる。また、日本に関する情報や日本人の考え方等について積極的に発信し、他国の人々の日本理解に貢献できる。(国際日本研究)
      3. 異文化間コミュニケーションにおいて、相手の価値観や習慣を理解し、自文化中心的な判断を控え、相手を理解しようとする姿勢を有している。また、多文化共生社会の構築に必要な知識・スキルならびに意欲を有している。(異文化理解)
      4. 英語をコミュニケーションの道具として操り、自分の意見を述べたり、情報の伝達ができる。また英語で書かれた文献や、テレビ・インターネット等から情報を収集し、活用することができる。(英語関連)
      5. 国際および日本社会の一員であることを強く意識し、課題の解決を人任せにせず、積極的に関わる姿勢を有している。(英和スピリッツ)

    ■カリキュラム・ポリシー

    1. 国際コミュニケーション学科のカリキュラムは、幅広い教養と大学での学びの基礎を身につけるための初年次教育と2年次以降に本格化する専門教育によって構成される。専門教育はグローバル・スタディーズ、国際日本研究、異文化理解、英語関連の4領域を軸に構成され、4領域の学びを実体験を通して学ぶために留学関連科目とともに留学プログラム(2年次後期)も設けられている。
    2. 国際コミュニケーション学科は、以下のカリキュラム構成をとる。
      1. 各科目は、全学共通科目をベースとし、学部共通科目、学科専門科目、自由選択科目の4つに分類される。
      2. 学部共通科目には、専門の学びを概観する科目である「21世紀の国際社会をみる視点」と少人数の演習形式で学ぶゼミナール科目が置かれている。ゼミナールは全学共通科目である「フレッシュマン・セミナー」を含め1年次から4年次まで必修で、課題探究力や問題解決能力、論理的思考能力を身につける。特に3・4年次は同一教員のゼミナールを履修し、4年間の学びの集大成として卒業論文・プロジェクトに取り組む。
      3. 学科専門科目には、ディプロマ・ポリシーに掲げる4つの領域(グローバル・スタディーズ、国際日本研究、異文化理解、英語関連)の知識・技能を身につけるための科目が配置されている。学生は自らの興味に沿って、これらの領域からバランスよく科目を履修し、グローバル人材に必要な資質を身につけていく。また、これら4つの領域の学習を実体験を通して結びつけるために、2年次後期の語学留学プログラムが置かれ、一定の条件を満たした希望者が参加できるようになっている。この留学準備のための留学関連科目として「留学準備講座」や「English for Study Abroad」なども設置されている。
      4. 学生個人の興味に沿った幅広い科目選択ができるよう自由選択科目が設置され、全学共通科目や他学科専門科目、留学先で履修した科目等を卒業に必要な単位として算入できるようになっている。
      5. 専門科目は難易度により「初級」、「中級」、「上級」の3レベルに分けられ、段階的に知識・スキルを修得できるよう計画されている。

    ■アドミッション・ポリシー

    国際コミュニケーション学科は、国際的な舞台において互いの国の社会事情や文化的背景を理解しつつ、円滑にコミュニケーションを図ることができるグローバル人材を育成する。

    求める学生像(将来の進路)

    海外と日本双方の社会や文化について深く学び、コミュニケーションの道具としての英語やその他の外国語の習得に意欲をもった学生を歓迎する。また、日本と国際社会の一員であることを強く意識し、社会のためになる行動を取れる学生を求める。

    期待する能力

    国際コミュニケーション学科は、入学者として、以下の能力をもつ人材を求める。

    [知識・理解]
    • 大学の講義を理解するに足る地理歴史、公民などの社会科系分野の知識と、専門書を理解し、レポートや小論文を書くのに十分な日本語力、ならびに高等学校卒業レベルの英語力を身につけていることを求める。
    [思考・判断]
    • 学んだ知識をもとに自分なりの問いや考えを生み出すことができる。
    • 知識を体系化して理解・整理することができる。
    • 理由を明確にしながら自分の主張を述べることができる。
    [関心・意欲・態度]
    • 多様な視点や価値観を重んじ、コミュニケーションによって誤解や偏見の少ない社会を作りたいと望んでいる。
    • 社会や身の回りの問題解決を人任せにするのではなく、自ら積極的に解決案を出し、行動できる。
    • 他者の幸福にも目を向け、他者のためになる活動にも積極的に参加したいと考えている。
    [技能・表現]
    • 自分の主張や考えを文章や口頭発表、討論などを通じて的確に述べることができる。
    • 自分の主張や考えの根拠・サポートとなる情報を収集し、利用することができる。
    • 他者と協力しながら主張や見解などをまとめることができる。

その他の大学の方針

おすすめコンテンツ