学院の歴史

本学院は、カナダ・メソジスト教会(現在はカナダ合同教会)婦人ミッションから派遣された宣教師ミス・カートメルにより1884(明治17)年、麻布鳥居坂に設立された東洋英和女学校にはじまります。
欧化主義に対する反動、国家主義の台頭、太平洋戦争下での圧迫といった苦難の時代もありましたが、キリスト教を礎とした学院の姿勢は一貫して変わることのないものでした。こうして学院の伝統と校風は時代を貫き脈々と生き続け今日に至っています。

◆ 略年表 アイコンをクリックすると当時の様子をご覧いただけます。

このページの先頭へ