タイトル画像:図書館・施設紹介
図書館・施設紹介

礼拝堂・大学宗教センター

礼拝堂

礼拝堂

礼拝堂・大学宗教センター

キリスト教のシンボルである十字架が建つ礼拝堂では、昼休みに学生・教職員のための礼拝が行われています。

また、特別礼拝として、アドヴェント点灯式、クリスマス礼拝、卒業礼拝を行っています。他に近隣の方や卒業生も参加する秋のチャペルコンサートも行われています。

この礼拝堂は学院内外からの多大なる支援と祈りにより建てられました。1990年7月に着工、翌1991年3月末に完成、同年5月1日に献堂式が行われました。正面に高く掲げられた十字架、高い天井、吊り下げのライト、そして大きく取られた窓から差し込む自然光が印象的で、季節・時間によりその時々の美しさを見せてくれます。礼拝堂での礼拝は学院の建学の精神「敬神奉仕」を示す場です。

パイプオルガン

礼拝堂・大学宗教センター

礼拝堂後方、2階ギャラリーには米国ノアック社制作 二段鍵盤、17ストップのパイプオルガンが設置されています。1993年12月に設置、同年12月4日に奉献式・記念演奏会が行われました。

日々の礼拝奏楽以外にもチャペルコンサート、学生オルガニストを養成するオルガン講習会、生涯学習センター講座でも用いられています。本学のキリスト教教育を支える大切な楽器です。

大学宗教センター

大学宗教センターは、本学の教育における、宗教に関わる問題全般に関して、教員、職員、学生の間の意思疎通と理解の充実を目的とした活動を行います。

この目的を達成するために、次のことを行います。

  1. 大学宗教センター室を、所定の時間、学生・教員・職員に開放し、宗教(無宗教を含む)に関して自由な討議や意見交換の場とします。
  2. 世界の宗教全般に関する大学の成員の関心と理解を広げ、深めるための活動を行います。
  3. 他大学の類似の機関と協調し、協働のプログラムなどを立案・実施します。
  4. 学問的なレヴェルでの宗教に関する様々な大学成員の活動を支援します。
  5. その他、宗教に関して大学として適切な取り組みを行います。

大学宗教センター室 agápê(アガペー)

大学宗教センター agápê(場所:礼拝堂内)は、礼拝堂関連活動の場、学生・教員・職員の面談・学習の場、礼拝奉仕者控室として開室しております。

大学宗教センター室 philía(ピリア)

大学宗教センター philía(場所:7号館1F)は、学生・教員・職員の面談・学習の場として開室しております。

面談をご希望の方へ

学長・学院宗教部長との面談を行うことが出来ます。
ご希望される方は宗教センター(chapel@toyoeiwa.ac.jp)にご連絡ください。