タイトル画像:NEWS

NEWS

2022年06月22日

学生有志団体SDGs研究会Comradery、『水道週間イベント』に参加しました

6月4日(土)、持続可能な開発目標(SDGs)を学ぶ学生有志団体SDGs研究会Comraderyメンバー11名が、本学と連携協定を締結している横浜市水道局主催の『第64回水道週間イベント』に参加しました。このイベントには、今回で2年目の参加となります。

「大切な 水と一緒に 暮らす日々」をテーマとした本イベントでは、「水とSDGs」に関する手書きのパネルを展示し、クイズを実施しました。パネル展示では、水の大切さや世界の水事情、生活と水のかかわりなどを伝え、そのパネルをもとに作成したクイズをご来場いただいた方々に解いていただくことで、市民と交流を図りました。ご参加いただいた方からは、「牛(肉用牛)を育てるのにこんなにも水を使っているなんて知らなかった」「普段お風呂でこんなに水を使っていると考えたことがなかった」とパネルとクイズに関する感想をいただきました。クイズの回答数も昨年度を大きく上回る350件以上となり、ブースにもたくさんの方にご来場いただきました。さらに、横浜市議会副議長の高橋 正治様にも私たちの活動をご覧いただき、議員の方々に活動を知っていただくことができました。参加した学生は「昨年度に比べて多くの人にご来場いただき、より私たちの活動を知ってもらういい機会になった。今後は、私たち同世代の市民の皆さんにも興味を持ってもらえるような取り組みを行いたい。」と感想を話しました。

SDGsを知り、考え、行動し続ける本学学生の活動に今後もご期待ください。

アーカイブ