タイトル画像:学長挨拶、学長プロフィール
大学概要

学長挨拶、学長プロフィール

能動的で自立した「なりたい自分」になるために

皆さん、こんにちは。皆さんは、将来どのような人になりたいか、どのような職業に就きたいか決まっていますか。すでに「なりたい自分」がはっきり見えている人もいらっしゃるでしょう。もしかしたら、それを見つけるために大学に入るのだ、という人もいるかも知れません。

私ども東洋英和女学院大学はまず、学生の皆さんが「なりたい自分」を発見し、それを実現するために、可能な限り寄り添い、全力でサポートをしている大学です。

つぎに、東洋英和女学院大学は、他者と協力してものごとに取り組む「協働力」を大切にして、そのために必要な共感力と、人の心が分かる人格を育てます。東洋英和の学生達は、ゆったりと時間が流れる静謐な緑の森の学び舎で、自分自身と向き合います。大学生として、知的にものごとを考え、創造的思考を育てながら、自身の人格を高めて、先輩達が築き上げてきた東洋英和の伝統と校風、英和スピリッツを学び、引き継ぎます。皆さんが東洋英和女学院大学の学生になりましたら、東洋英和の長い歴史を紡いでいく一人になっていただきたいと思っています。

現代社会においては、正解のない課題に向き合って、絶えず答えを見つけ出すことが求められます。東洋英和の「敬神奉仕」に基づく人間形成、人格形成の教育のもとで英和スピリッツを受け継ぎ、人を愛し、自分を愛する能動的で自立した人間に向かって歩みを進めてください。自分の意志と行動力で可能性の翼を広げ、東洋英和の卒業生として自身が望むキャリアを切り拓いて、「なりたい自分」になってくれることを切に願っています。
では、キャンパスでお会いしましょう。 

学長 星野 三喜夫

学長プロフィール

星野 三喜夫(ほしの みきお)

1955年6月 千葉県生まれ

専門

国際経営、アジア経済、国際金融

略歴

学歴

1978
(昭和53)年3月
早稲田大学法学部 卒業
2010
(平成22)年3月
日本大学大学院 総合社会情報研究科 博士前期課程 国際情報専攻 修了

職歴

1978
(昭和53)年4月
株式会社東京銀行(現三菱UFJ銀行)入行
2001
(平成13)年4月
APEC(アジア太平洋経済協力会議)ビジネス諮問委員会 金融部門スタッフ
2004
(平成16)年2月
財団法人 海外投融資情報財団 常務理事 兼 調査部長
2006(平成18)年4月
~2022(令和4)年3月
新潟産業大学教授、経済学研究科長、経済学部長、副学長、学長等を歴任。
2022
(令和4)年4月
東洋英和女学院大学学長に就任

主要な著書・論文等

著書

  • 『「開かれた地域主義」とアジア太平洋の地域協力と地域統合 ~APECの適切性と親和性についての実証的研究~』パレード 2011
  • 『「平成バブル」の発生・崩壊と「平成不況」』(『日本経済論講義』)成文堂 2009
  • 『たかが英語、されど英語 ~日本人の「英語メタボ症候群」の処方箋』星雲社 2009

論文

  • 「新型コロナウイルス禍の背後で進む変化 ~試される日本の本気度~」単著(2021)『新潟産業大学経済学部紀要』第57号 新潟産業大学2021.1
  • 「アジア経済分析~ベトナム経済と外国直接投資」単著(2019)『新潟産業大学経済学部紀要』第54号 新潟産業大学2019.10
  • 「アジア経済分析~韓国経済の現状と課題」単著(2019)『新潟産業大学経済学部紀要』第53号 新潟産業大学2019.6
  • 「トランプ大統領の英語を添削する」単著(2019)『新潟産業大学経済学部紀要』第52号 新潟産業大学2019.1
  • 「APECパスファインダー・イニシアティブとAPECビジネス・トラベル・カード」単著(2017)(『国際金融』外国為替貿易研究会 1301号 2017.9)
  • 「フィリピンvs中国の南シナ海を巡る係争とハーグ常設仲裁裁判所の裁定についての一考察(上)(下)」単著(2017)(『国際金融』 外国為替貿易研究会 1294号2017.3、1295号2017.4)
  • 「魅力度を増すベトナム~投資環境の視点から~」単著(2016)『新潟産業大学経済学部紀要』第47号 新潟産業大学2016.7
  • 「アジアインフラ投資銀行(AIIB)とTPP」単著(2015)(『新潟産業大学経済学部紀要』東アジア経済文化研究所 第45号 2015.6)
  • 「エドワード・ルトワックの『The Rise of China』が示唆するもの」単著(2014)(『新潟産業大学経済学部紀要』東アジア経済文化研究所 第44号 2015.2)
  • 「途中参加国日本の交渉力が試されるTPP交渉」単著(2013)(『新潟産業大学経済学部紀要』東アジア経済文化研究所 第42号 2013.6)
  • 「第三次アーミテージ・ナイ報告書とTPP」単著(2013)(『国際金融』 外国為替貿易研究会 1246号2013.3)
  • 「TPP参加は日本の優先順位である(上)(下)」単著(2012)(『国際金融』 外国為替貿易研究会 1239号2012.8、1240号2012.9)
  • 「『開かれた地域主義』と環太平洋連帯構想」単著(2011)(『国際金融』 外国為替貿易研究会 1224号2011.5)
  • 「『東アジア共同体』とアジア太平洋の地域統合-米国が地域統合に関与・参加することの必要性と妥当性-」単著(2010)(『国際金融』 外国為替貿易研究会 1213号2010.6)
  • 「1980年以降の日本の対外直接投資の動向とその背景及び要因」単著(2009)(『新潟産業大学経済学部紀要』 東アジア経済文化研究所 第36号 2009.3)
  • 「世界の異質性と世界経済秩序のあり方」単著(2008)(『新潟産業大学経済学部紀要』 東アジア経済文化研究所 第34号 2008.3)
  • 「地球温暖化防止と日本のリーダーシップ」単著(2008)(『新潟産業大学経済学部紀要』 東アジア経済文化研究所 第34号 2008.3)
  • 「北東アジアの平和と安全保障の視点から核を巡る朝鮮半島情勢と拉致問題を考える」単著(2008)(『新潟産業大学経済学部紀要』 東アジア経済文化研究所 第34号 2008.3)
  • 「地球温暖化防止とAPECシドニー会議」単著(2007)(『国際金融』外国為替貿易研究会 1182号2007.11)
  • 「『東アジア共同体』実現のための視点」単著(2006)(『新潟産業大学経済学部紀要』 東アジア経済文化研究所 第31号 2006.8)
  • 「タイの投資環境-流入が続くFDIと日系企業の動向-」単著(2006)(『国際金融』 外国為替貿易研究会 1162号 2006.3)

所属学会

日本金融学会、日本貿易学会、北東アジア学会

趣味

水彩画

クラシック音楽

おすすめコンテンツ