ニュース・トピックス一覧 ニュース・トピックス一覧

キリスト教講演会が行われました

行事

今年は、中高部に進学した小学部からの卒業生3人を招き、中高部ハンドベル部の福島県でのボランティア活動の話を聞きました。被災地のこども園を訪れてハンドベルを演奏している様子や、美しい音色に拍手を送る子ども達の様子について、動画を使ってわかりやすく話してくれました。

20170928-01.JPG 20170928-02.JPG 20170928-03.JPG

子ども達の声
・みんなをげんきにしてあげようとおもってやることはいいな、とおもいました。わたしもしてみたいです。(1年生)
・おねえさんたちのように、何かできることがあるのかな、と、お話を聞いている間、思っていました。(2年生)
・福島県には6年たった今でも、苦しいけれどがんばって生活している方たちもいるということがわかりました。お姉さま方の活動で福島県の方々は、みんなゆう気づけられ、うれしかったのではないかと思います。(3年生)
・東日本大震災のえいきょうで漁業ができなくなってしまった方、外で遊べなくなってしまった子ども達はとても悲しいのだと思いました。私も、だれかの力になれることやだれかをよろこばせられることを見つけたいです。(4年生)
・小さい子たちが手をたたきながら大きな声で歌っている様子を見て、楽しそうな様子が伝わってきました。ほんの少しの力、思いでも、集まると多くの人の喜び、明るい未来をよぶのだな、と思いました。(5年生)
・今日のお話をうかがって、「私も何か人の役に立ちたい」と思いました。ハンドベル部が「認定こども園りんごの木」に行ったような大きなことはできなくとも、まずは小さなことから積み重ねていきたいと思いました。(6年生)

修学旅行が行われました

行事

 6年生が前から楽しみにしていた修学旅行へ行ってきました。

20170928-1.JPG 20170928-2.JPG 20170928-3.JPG 20170928-4.JPG

彦根城、平等院、東大寺、法隆寺などの世界遺産を巡り、歴史の流れを肌で感じることができました。また、柿の葉寿司作りをしたり、琵琶湖では環境学習船に乗り、湖のプランクトンを顕微鏡で観察したり、慈光院ではお抹茶をいただいたり、普段できない体験をたくさんいたしました。多くのことを吸収し、大きく成長した4日間でした。

虫よけポプリ作り(保健委員会)

その他

園芸委員会が育てたハーブを使って、保健委員会で虫よけのポプリを作りました。20170905-1.JPG

みんなで摘んだハーブを、広げて乾燥させます。

20170905-2 .JPG 20170905-3.JPG

3種類のハーブを、オリジナルでブレンドしています。

20170905-4.JPG

出来上がったポプリは、保健室の前に掲示しました。
たくさんの子どもたちが集まり、自然の優しい香りを楽しんでいます。

20170905-5.JPG 20170905-6.JPG

図書購入会に行きました

その他

夏休みに、6年生の図書委員が銀座の教文館「ナルニア国」に図書購入会に出かけました。

 2017715-2.jpg 2017715-1 (220x165).jpg 2017715-6.jpg 

子どもたちの声

・「ナルニア国」には面白そうな本がたくさんあったので迷いましたが、すごく楽しかったです。
・じっくり読みたい本を選べてうれしかったです。
・おたがいにおすすめの本を紹介したりして、良い本が選べました。
・今年出た新しい本ばかりのコーナーは、読んだことがないものが多くわくわくして楽しんで本を買えました。
・学校のみんなが、たくさん読んでくれるといいです。
・みんなに新しい本を紹介したいです。私も早く読みたいです。
・いろいろな種類の本があったので、もう一度行きたいです。

 

オープンスクールが行われました

行事

子どもたちの声(4年生)

・年長さんのお友だちは、とってもかわいかったです。ときどき、はずかしくてお母さんの後ろにかくれている子もいました。わたしが、「大じょうぶだよ」と声をかけたら、にこっとわらってくれました。わたしは、そのしゅん間、うれしいな、と思いました。

・私は、ぬり絵をたんとうしました。先生といろいろなアイディアを出して、かんたんに色ぬりができて年長さんにふさわしいぬり絵を考えました。「一人目のお客さんだ」私は、その子がはずかしくならないように、やさしくごあいさつをしました。私はずっと足のうらがいたかったのですが、みんなが楽しく色ぬりができて、笑顔で帰ってくれてうれしかったです。

・年長さんのお友だちは空気砲をたたくのがじょうずでおどろきました。とてもかわいかったです。やさしく接することができたと思います。来年、かわいい一年生が入ってくるのを楽しみにしています。

20170707-01.jpg  20170707-03.jpg  20170707-02.jpg

鑑賞の日が行われました

行事

2017年度の鑑賞の日は、狂言鑑賞会を行いました。
会を始めるにあたり、和泉流二十世宗家の和泉元彌さんから狂言の起こりなど、狂言についてのお話を伺い、それから「狂言小舞」「附子」「蝸牛」の3つの演目を鑑賞しました。
その後、参加型のワークショップにおいて、狂言の所作やしきたりなどについてちょっとした稽古をつけていただきました。
代表児童だけが壇上に上ったのですが、宗家の計らいで、客席にいる子どもたちにも所作や声の出し方などを教えていただき、狂言ならではの言い回しを、子どもも大人もみんなでいっしょになって楽しみ、伝統芸能ならではの味わい深さを感じることができました。

子どもたちの声
・みごとな「きょうげん」ありがとうございます。なかでも2人がぶすのみをたべてしまうところがおもしろかったです。(1年生)
・こえが上がったり下がったりしているのがすごくかっこよかったです。さいしょは、むかしのことばで話すとおっしゃっていたので「だいじょうぶかな」とおもったけれど、聞いているとだんだん言っていることがわかってきました。さいごにおしえてくださった「さらば、さらば」をかえりにつかおうとおもいました。(2年生)
・わたしはきょう言を見るのははじめてで、ぶたいにあがることもできてどきどきしました。とくにおもしろかったところは、太ろうかじゃがないているところです。ないている動きがすごいと思いました。わたしは「ビョウビョウ」というのが犬の鳴き声だと知ってとてもびっくりしました。(3年生)
・はじめに説明をしてくださったので、親しみをもって楽しむことができました。とくにきょうげんはせりふと仕草で表現される芸能で、みる人のそうぞう力も大切だというお話が心にのこりました。私はバレエを習っていますが、バレエも音楽と仕草とそうぞう力が大切なので、共通していると思いました。(4年生)
・「狂言」は長い年月をへて、今、私たちは見ているのだ、ということを感じ、「伝統文化ってすごいなあ」とあらためて感じました。「狂言」は、今でいう「お笑い」のようなものだったのかなあ、とつくづく思います。犬の鳴き声も不思議でした。昔の人が聞いていた犬の鳴き声と今の人が聞いている鳴き声は、すごくちがうように感じました。(5年生)

20170714-01.JPG 20170714-02.JPG 20170714-03.JPG

 

ペンテコステ礼拝が行われました

行事

6月7日、ペンテコステ礼拝が行われました。聖和教会牧師の高承和先生から「わたしたちもひとつ」という題で、お話を聞きました。弟子たちの身に起こった不思議なできごとや聖霊について、子どもたちは想像を膨らませながら聞き、理解を深めることができました。

子どもたちの声
・いつもせい書をおしえてくださって、ありがとうございます。ペンテコステれいはいのおはなしをきいて、イギリスではバラの花びらをまくことがわかりました。どこかのくにでたべるおかしのはなしをしてくださったときは、「わたしもたべたいな」とおもいました。わたしのいっているきょうかいでは、はとのサブレーをもらいました。(2年生)
・今回、先生のお話を聞いて私が得たものは、「神さまの心」です。他人をさけてこわがっていた弟子達が、神さまのご意志により、何もこわがらずに人々にイエスさまのお言葉を伝えていったところが、不思議でした。けれど、わかったのです。神さまは、いつも広い心で私達を見て、そして、私達にとって一番よい方向へ動かしてくださっているのです。だからきっと弟子達を一番よい方向へと導いてくださったのだと思います。私にとっての聖れいは、「ほのおのような舌」ではなく、「神さまの深い愛」です。私には、弟子達のような強い心はないけれど、いつも苦しんでいる方々を思うやさしい心をもつようにしようと思います。(5年生)

20170623.JPGのサムネイル画像

歯みがき指導が行われました

行事

6月には全学年、担任と養護教諭による「歯みがき指導」があります。
特に1年生と6年生は、歯科衛生士の先生から指導を受けます。

1年生は保護者も一緒に6才臼歯のこと、むし歯ができる原因、よく噛むことの大切さ等を学びます。

20170614-01.jpg 20170614-02.jpg


歯垢の染め出しをして、先生と一緒に歯ブラシの動かし方を練習します。


20170614-03.jpg 20170614-04.jpg

保護者には、健康診断でもいつもみていただいている歯科医師の先生からお話があります。
歯のことだけに留まらず、健康な体づくりについて考える時間となりました。


保護者の感想
・今まで聞いたことのない観点でのお話でとてもためになりました。「口は健康の窓口」であり、健康のために歩くことや、姿勢があごの成長に大事であり、健康であることが人生の自由につながるというお話が特に心に残りました。
・夜の歯みがきタイムはただただ汚れを落としてむし歯にならないようにという思いで臨んで参りましたが、今後は健康感を伝えていくコミュニケーションの時間と楽しみながらできるのではないかと思っております。
・「食育の上に体育があり、その上に知育がある」という言葉に、改めて食育について考える機会となりました。食べるものだけでなく、食べる姿勢、生活の環境を整えることの必要性を再確認いたしました。

子どもたちの声
・わたしは、6さいきゅうしも、おとなのはもいっぽんもはえていないけれど、はのみがきかたをおそわってから、はがはえるのがたのしみです。
・しっかりみがくと、はがつるつるしてきもちよかったです。1ぽんみがくのに10びょうかかると、はみがきはじかんがかかることがわかりました。

運動会が行われました

行事

子どもたちの声
・わたしが一ばんたのしかったのは、ダンスです。いしょうがおじさんっぽいので「おじさんダンス」というあだ名でみんなでよんでいます。おじさんダンスは、いどうがすごく多いので、わたしたちはおぼえるのがむずかしかったけれど、かんがえた先生のほうがすごいとおもいました。(2年生)

・きょ年のうんどうかいは、おねつを出して出られませんでした。今年は出られてよかったです。かぞくは、わたしのうんどうかいをたのしみにしていました。60メートルそうは、5いだったけれど、がんばるぞの気持ちではしりました。(2年生)

20170607-01.jpg  20170607-02.jpg  20170607-03.jpg

・私は赤組の団長でした。いよいよ閉会式、どちらが勝つのかわからない。心臓がばくばく高鳴ります。結果は赤組準優勝。悔しくて涙が出てきそうになりました。でも、ここで泣いたらいけないとずっとがまんをしていました。応援団のみんなで写真撮影をするとき、一緒にがんばったお友だちの目を見て、涙がこぼれ出ました。目頭があつくなって、まともにしゃべれなくなりました。でも、貴重なよい思い出ができてよかったです。(6年生)

・そして、5,6年生のリレー。私たちは声が出なくなってもおかしくないほど応援しました。結果は、青が一位でした。その後の大玉おくりは負けてしまいましたが、どきどきしながら、ついに結果発表。白の勝ちでした。「2017年度、ゆう勝、白」私は、ゆう勝カップをもらって、思わず「重いっ」と言ってしまいました。カップの重さだけではなく、みんなのがんばった達成感の重みも感じました。(6年生)

20170607-04.jpg  20170607-05.jpg  20170607-06.jpg



5月27日(土) 運動会について

お知らせ

終了しました。

大勢の方にご覧いただき、ありがとうございました。

このページの先頭へ