ニュース・トピックス一覧 ニュース・トピックス一覧

キリスト教講演会が行われました

行事

1月14日 卒業生の藤村真弓先生をお迎えして、講演会をもちました。
長く小児看護に携わってこられたご経験を通して、いのちの大切さについて教えていただきました。

2016.1.21 DSC_0011 (220x146).jpg

子どもたちの声

・いきているだけで人の役にたつ、ということばがわたしのこころをうごかしました。(1年) ・わたしもしょうらいおいしゃさんやかんごしさんになってびょうきの人たちをたすけてあげたいです。(1年)
・わたしも、人の分も生きたいです。(2年)
・ふだんわたしたちにとって、あたりまえのことが、本当はあたりまえではないことがわかりました。(2年)
・先生のお話をうかがって、今までになくなってしまった方たちの分も命を大事にしようと思いました。(3年)
・岡田君は生きていることで役にたつといっていました。私は、自分が何かをしたら役にたつのだと思っていまし
 た。(4年)
・先生のお話をうかがい、人の役に立つ仕事をしたいなと思いました。(5年)
・たかし君のビデオを見て、病気やけががなく生きられるということが奇跡なのだと実感しました。(6年)
・卒業するまで生きている奇跡を保つことができなかったたかし君の姿を見て、こうして生きていることの大切さ
 を身にしみて感じることができました。(6年)

小学部クリスマス礼拝をおささげしました

行事

小学部のクリスマス礼拝では、聖歌隊・キャスト・聖書朗読・ハンドベル演奏・賛美など、それぞれの役割で礼拝奉仕します。
静かな気持ちで、イェスさまのお誕生をお迎えすることができました。

151218-01.jpg 151218-02.jpg 151218-03.jpg

クリスマスを迎える準備が行われています

その他

20151215-10.JPG  20151215-04.JPG
アドベントに入り、小学部じゅうでクリスマスを迎える準備が行われています。
校舎内のあちこちにクリスマスツリーやリースが飾られ、それぞれの教室前の掲示板には、子どもたちの手作りの飾りがされています。
20151215-06.JPG 20151215-05.JPG

昇降口の最も大きなツリーには、3年生が作った飾りも色鮮やかに下がっています。また、その脇にはイエス様ご降誕の場面をかたどったクリッペが置かれ、前を通る子どもたちが時折足を止めて、お友達と話しながら眺めています。
20151215-02.JPG 
20151215-01.JPG

クリスマスを迎える喜びの中で、静かにイエス様のご降誕を待ち望む、一年で最もうれしい時期です。

子どもたちの声
私は、できあがったかざりを見て、すてきなかざりでイエス様のおたん生をいわえるなと思いました。みんなが作ったかざりが、かざられたクリスマスツリーを見るのが楽しみです。クリスマスになると、英和はいろいろなかざりでいっぱいになります。私は、そんな英和が大好きです。(3年生)

学芸会が行われました

行事

11月27日に学芸会が行われました。本番に向けて、これまで一生懸命練習を重ねてきた子どもたち。2年生は「100万回生きたねこ」、4年生は「雪だるま2015」をそれぞれ学年ごとに、6年生はクラスごとに「転校生は魔法使い」「雪の降る日に...」を上演しました。1・3・5年生は歌や楽器の発表をしました。

2年生は初めての劇の発表。みんな大きな声で堂々と演技することができました。

             20151127-01.png

5年生は夏期学校で訪れる追分の歴史や情景にふれつつ、篠笛の音を聴かせてくれました。

             20151127-02.JPG

6年生は小学部最後の学芸会。さすがの演技力で、観客席を物語の世界へ引き込みます。

   20151127-03.JPG  20151127-04.JPG

子どもたちの声

・とてもどきどきしたけれど、大せいこうできてたのしかったです。そして、いっしょうけんめいれんしゅうして、新しくおとなりのクラスのお友だちもできたのでうれしかったです。(2年生)
・わたしも4年生のげきの雪だるまたちみたいに、自分のことよりも先に人に思いやりをもちたいです。(2年生)
・みんなと一しょに練習をしたり演じたりして、みんなが心を一つにするとはこういうことだということがわかりました。(4年生)
・本番に向けてみんなで努力してきた劇を通して、成功することだけではなく、協力して一つのものを作り出す大切さを知ることができました。(6年生)

警視総監感謝状をいただきました

お知らせ

11月19日に、優良学童交通安全自治会に与えられる賞を、小学部の子どもたちがいただきました。6年生の代表が警視総監から直接、賞状等を受け取りました。

2015121507.jpg

交通訓練で1年生が、おまわりさんからの話をよく理解して、真剣に訓練に取り組んでいること・上級生になっても、児童が自主的に交通安全に気をつけていることが受賞理由です。

2015121508.jpg 1015121509.JPG

11月24日にはあらためて麻布署長からも表彰されました。

子どもたちの声
これから、よりいっそう交通安全に気をつけていきたいです。(6年生)

創立記念日礼拝が行われました

行事

創立記念日礼拝が行われました。
11月6日は131回目の創立記念日でした。小学部では元教頭の加藤道夫先生をお招きして、礼拝をまもりました。201511162.JPG

午後は中高部の新マーガレット・クレイグ記念講堂で「東洋英和に学ぶ私たち:過去・現在・未来」と題して学院の教育シンポジウムが行われました。小学部からは2名の6年生が代表して発題を行いました。

201511161.JPG

子どもたちの声
・せん教しの先生たちのどりょくと、神さまのお守りで今の学校があるんだと私はあらためて思いました。東洋英和の子どもとして、神さまのお役に立てる人になりたいです。(3年生)
・先生のお話を通して、東洋英和の今まで積み上げてきた歴史の重さをあらためて感じることができました。そして、神さまやカナダの先生方がつくり上げた学校を大切に受けついでいきたいという思いが生まれました。(5年生)

楓祭を見学しました

行事

楓祭を見学しました

5、6年生は、10月23日金曜日に中高部で行われていた楓祭を見学しました。 中高部の生徒に優しく手引きされながら、実験、ゲーム、体験などをして楽しみました。 展示や劇・音楽の発表などは、レベルの高さに感心しながらじっくりと見ていました。 早くも、中学生になって入りたいクラブを真剣に考えている姿が微笑ましかったです。

20151023-02 (220x165).jpg 20151023-03 (220x165).jpg 20151023-04 (220x165).jpg

子どもたちの声

アフタヌーンコンサートでは、楽しい曲をたくさん聞きました。一番楽しかった曲はメアリーポピンズの曲でした。 知っていた曲だったので小さな声で(とても小さな声で)つい歌ってしまいました。お姉さま方はとても歌が上手でした。 来年もまた聞きに行きたいです。とてもすてきなコンサートでした。(5年生)

最初に5階へ行き、化学部と生物部の部屋に入りました。化学部では、スライム、プラ板、そして入浴剤を作ったのですが、 スライムがうまく混ざりませんでした。すると、優しいお姉さまが助けてくださいました。(5年生)

おいもほりが行われました

行事

2年生では、生活科の学習の一環として、郊外の農園においもほりに行きます。 学んだとおりに茎が見えているところの下を掘ってはみるものの、さつまいもは、すぐに顔を見せてはくれません。それでも一生懸命掘り進めていくと、太くなった部分が姿を現し、「あっ」と小さく声をあげて夢中になって掘り続けていくうちに、やっと出てきます。 「先生、見て、見て。こんなのがとれたよ」 普段はあまり気にとめなかった一本のさつまいも。生命力の強さを改めて目の当たりにする一方、収穫のよろこびを口にする声があちこちから聞こえてきます。

小学部では、土にじかに触れる機会を大切にし、手袋などを使わず、素手で掘ります。ミミズやコガネムシの幼虫に思いがけず出くわすなど、ちょっとしたアクシデントもまた自然に親しむ良い機会だと思います。

 20151014-02.JPG 20151014-01.JPG

〈子ども達の日記より〉

 ・たくさんたくさんほったらようやくまんまるいおいもが出てきました。すこしほったら出てくるのかなと思っていたけれど、じっさいはふかくほらないといけないんだなあ、と思いました。(2年生)

 ・おいもをほる時、ミミズがたくさん出てきました。ミミズが出てきて、わたしがびっくりすると、ミミズもびっくりしたようににょろにょろうごいて、すぐ土の中に入ってしまいました。ふだんは土をさわるきかいがないけれど、今日はふわふわした土をさわれて、たのしかったです。(2年生)

教会学校での様子

その他

小学部の子どもたちは、日曜日にそれぞれの教会学校に通っています。子どもたちの日記から教会での様子をお伝えします。

子どもたちの日記から

・教会学校の分きゅうで、けいろうの日にうたうために「ふるさとの四き」と「いつくしみふかき」をれんしゅうしました。 わたしは、その2つのうたを知っていたのでかんたんにうたえました。 でも、いっぱいれんしゅうしたので、とてもつかれてしまいました。わたしは、つかれたなんて言っていられない、けいろうの日にむけて、がんばらなきゃと思いました。(2年生)

・教会学校の礼拝で「生まれつきの盲人をいやす」というお話をききました。私たちがイエスさまと同じようにしても、目が見えない人を見えるようにはできません。でも、おいのりをすると神さまの言葉がわかるような気がします。(3年生)

・私にとって教会は、楽しくて、ゆっくりと神さまに目をむけることができる場所です。これからも教会に毎週かよって神さまに礼拝をささげていきたいです。(3年生)

20151007-1.png  20151007-2.png   (イラスト:2年生)

2年と6年の交流が行われました

行事

一緒に行く夏期学校のための準備として、2年生と6年生が交流の時間をもちました。
6年生は、6年間の夏期学校の集大成として、2年生の生活を支えます。
「どんなお姉さんが同じグループなのかな。」「楽しくお話できるかな。」お互い不安の中での初対面でしたが、2年生は6年生から手作りの名刺をもらって嬉しそう。
2年生をいとおしく見つめる6年生の優しい眼差しや温かい言葉に、お姉さんらしさを感じることが出来ました。
異なる学年のお友達が協力し合い、楽しい3日間の夏期学校になるように、みんなで準備をしています。

子どもたちの声

・今日は夏き学校でいっしょの6年生に会いました。じこしょうかいをしたり、トランプをしたりしました。楽しかったです。おいわけに行くのが楽しみです。(2年生)

・今日はメープルで2年生と交流会をしました。みんなとても可愛かったので、仲良くしていきたいです。カルタをしたのですが、同じグループのお友だちが、自分でとったカードを2年生に「いいよ。」と言って渡していて、とても優しいな、と思いました。自分も、夏期学校では2年生が困っている時には手助けしてあげられるように頑張ろうと思いました。夏期学校が楽しみでたまりません。(6年生)

20150714-03.JPG  20150714-02.JPGのサムネイル画像    20150714-01.JPG         

                              

このページの先頭へ