ENGLISH

学院HOME 大学 大学院 生涯学習センター 付属かえで幼稚園 中学部・高等部 小学部 幼稚園
東洋英和女学院大学付属 かえで幼稚園
かえで幼稚園トップページ
幼稚園の紹介
保育の内容
幼稚園の生活
保育だより
入園案内
アクセスマップ
 
 

保育だより 11月号

 
 
   
 

創立を覚える時に

東洋英和女学院はカナダ・メソジスト教会婦人ミッションから派遣された宣教師ミス・カートメルにより1884年麻布鳥居坂に設立された東洋英和女学校にはじまります。 今年の創立記念日で134年目を迎えます。かえで幼稚園は1973年に短期大学の付属園として開園しました。今年で創立45年目を迎えます。
 また今年は学院が大切にしている【敬神奉仕】の標語が制定されて90年の時です。第15代、17代校長であったミス・ハミルトンの時に教員間で審議し、決められました。かえで幼稚園は学院につながる枝として、神さまから愛されているかけがえのない自分に気づき神を愛し敬うこと=【敬神】、また同じく神から愛されている隣人(他者)を愛し、隣人に仕えること=【奉仕】を心にとめ、これからも歩んでいきたいと願っています。

 ミス・カートメルが日本にいらしたのは37歳の時でした。そして東洋英和女学校を創立したのはそれから2年後のことです。私が37の時の創立記念日礼拝で元園長の森高先生が「カートメル先生が遠いカナダから日本にいらして学校を作ったのはちょうど永瀬先生と同じ歳の時でした」と話されました。話を聞いていた子どもたちは一斉に私を見ました。礼拝が終わった後、一人の子どもが「先生はカナダから来たのね」と私に言いました。"同じ歳"と話されたことがカートメル先生=私(永瀬)とつながってしまったのかしら?と思わず笑ってしまいました。しかし、よく考えると笑いごとではありません。130年以上も前のことです。飛行機も電話もテレビもないような時代に、見たことのない日本にやっていらして学校を開こうとされた、それも37歳で!?と自分に置き換えるとその決心と行動力と信仰に驚くばかりです。神さまの導きに信頼した行動だったのでしょう。
 この時の礼拝から何年も過ぎました。私は神さまからたくさんの子どもと保護者の方々に出会う大きな恵みをいただいています。134年前にカートメル先生を通して蒔かれた種がかえで幼稚園につながっていることを信じ、子どもと保護者の方と過ごしていきたいと思っています。
                                                         (永瀬 真澄)

   「心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くし、力を尽くして、あなたの神である主を愛しなさい。」「隣人を自分のように愛しなさい」(マルコによる福音書12章30,31節)