ENGLISH

学院HOME 大学 大学院 生涯学習センター 付属かえで幼稚園 中学部・高等部 小学部 幼稚園
東洋英和女学院大学付属 かえで幼稚園
かえで幼稚園トップページ
幼稚園の紹介
保育の内容
幼稚園の生活
保育だより
入園案内
アクセスマップ
 
 

保育だより 12月号

 
 

イエスさまは私たちの光

 「その光は、まことの光で、世に来てすべての人を照らすのである」
                                     ヨハネの福音書 1章9節

 「あなたが灯りひとつ無い真っ暗な道を歩かなければならない時、次のうちひとつを選べるとしたらどちらを選びますか?
 1、道を照らす懐中電灯(ライト)、2、一緒に歩いてくれる人」… この問いは、年長組の2学期始業礼拝で、永瀬先生が語ったお話の中にありました。そして、この問いの結びは、『どのような時にも、イエスさまという救い主に依り頼むことができることで、安心して歩んでいけます』ということでした。たとえ自分の内に光が無くとも、たった一人で歩く時にもです。
 私たちは、クリスマスシーズンにたくさんの「光」に出会います。聖書のクリスマスの出来事の中には、天使たちの賛美と共に羊飼いを照らした『光』や、博士たちを導いた星の『光』が描かれています。幼稚園では、アドベントクランツのろうそくの『光』がクリスマスの訪れを伝えます。街には、きらびやかなイルミネーションの『光』があふれ、クリスマスツリーに『光』を灯しているお家もあることでしょう。どれにも喜びを感じさせられます。
 でも、その喜びのもとにあるイエスさまのご降誕の場面には、目に見える明るさや輝きはありません。イエスさまは暗い馬小屋の飼葉桶をゆりかごとして眠られました。宿屋には泊まる場所が無かったからです。ここに、神さまからの愛が示されています。
 イエスさまは、高く遠いところから私たちを見下ろす主ではありません。弱く小さくほころびだらけの私たちのところに、降りていらして下さった方です。私たちと共に喜び、私たちの重荷を一緒に担って下さる主です。イエスさまこそ、静かに深く永く私たちを照らし導かれるまことの光です。私自身、その光に支えられて、ここまで安らぎと希望を持ち続けてこられました。前述の問いに関連して申しますと、私は子どもの頃から夜道を一人で歩く時には ♪主われを愛す。主は強ければ、我弱くとも、恐れはあらじ〜♪と、歌ってきました。
 アドベントからクリスマスの時、歩む道を照らし、手をとり伴って下さるイエスさまが居て下さることを、子どもたちとも保護者の方々とも心にとめ、感謝し、神さまを賛美できますようにと祈っています。

                                                          大漉 知子