死生学研究所

出版物案内

『死生学年報2019 死生観と看取り』

東洋英和女学院大学 死生学研究所編(リトン刊)

2019年3月31日刊

<新刊>2,500円+税 一般書店でご注文・ご購入いただけます。

【お問い合わせ先】

東洋英和女学院大学・死生学研究所

shiseigaku@toyoeiwa.ac.jp(メール)

目次

タイトル 著者名
『聖書』が「看取り」について語ること 佐々木啓
イスラームにおける死
―自殺、殉教、安楽死―
鎌田繁
生まれ変わりとしてのルネサンス
―ミシュレの死生観とルネサンス概念の誕生―
比留間亮平
ホロコーストを語ること
―死者の記憶と正義についての試論―
丸山空大
メソポタミアのマクルー儀礼にみる死と再生
―通過儀礼としての側面に着目して―
細田あや子
古代メソポタミアの占星術に見る人間の生と死 三津間康幸
賀川豊彦とハンセン病文芸 松岡秀明
「生と死」について学ぶことの意義とは何か
―「わかる」ことの多層性に基づいて―
尾崎博美
〈研究ノート〉メソポタミアの「冥福」観
―伝統的な呪いの言葉と『ギルガメシュ叙事詩』から―
渡辺和子
〈卒業論文〉『ハリー・ポッター』シリーズにみる死別体験の意味 安達春野
〈報告〉高齢多死社会の看取りの現場からの報告 奥野滋子
〈シンポジウム発題〉臨床仏教師の役割
―仏教チャプレンとしての支援と看取り―
神 仁
〈シンポジウム発題〉天理教の死生観と看取り 白木原嘉彦
〈講演録〉熊谷次郎直実の発心譚 古井戸秀夫