研究科案内

渡辺 和子 教授 (Dr.phil.)

  • 専任教員氏名:渡辺 和子
  • 分野:宗教学
  • 専門分野:宗教学、死生学、アッシリア学、旧約聖書学、神話学

    〇主な所属学会:日本宗教学会、日本オリエント学会、日本旧約学会、日本生命倫理学会、
    Deutsche Orient-Gesellschaft (ドイツオリエント学会)

研究テーマ

死生学の可能性、古代メソポタミアの宗教、誓約文書、古今東西の死生観、死者儀礼など。

指導可能なテーマ

・宗教学に関する文献研究
・死生学に関する文献研究
・古代メソポタミア宗教に関するアッカド語文書研究
・旧約聖書に関する研究

論文作成指導方法

文献研究を中心にします。二次文献を読みこなす語学力(英語のほかにドイツ語、フランス語など)の養成のほかに古代語(アッカド語、ヘブライ語、ギリシャ語、ラテン語など)の習得を勧めます。
目次、注、文献リスト作り、口頭発表、小論文作成提出などの課題を繰り返すことによって、長大な論文作成の基礎作りをします。

担当科目

宗教民俗学Ⅰ 古代から現代までの宗教現象を視野にいれながら、どのような枠組みによって宗教をとらえることができるかを検討します。近代宗教学の再検討、死生学、神話学の研究などのテーマを取り上げます。
宗教民俗学Ⅱ
人文社会学の新しい理論をふまえて、神話や宗教文書に題材をとり、宗教学と死生学研究の新しい可能性にいどみます。
人間科学基礎演習Ⅰ(修士論文指導)
修論のテーマ設定に従って、文献を収集し、その内容をまとめる。口頭発表と討論を行う。
人間科学基礎演習Ⅱ(修士論文指導)
修論執筆に向けて、関連文献を収集し、内容を分類する。口頭発表と討論を行う。主要な論点を中心にして中間報告を作成する。
人間科学演習Ⅰ(修士論文指導)
修士論文の題目と目次を作成して、執筆を進める。口頭発表と討論を行う。
人間科学演習Ⅱ(修士論文指導)
修士論文の執筆を進める。口頭発表と討論を行い、修正・と加筆をしながら修士論文の完成を目指す。


●教員業績はこちらをご覧ください

履歴・職歴等

東京大学文学部宗教学科卒業(文学士)。同修士課程修了(文学修士)。同博士課程中退。ハイデルベルク大学アッシリア学科修了(Dr. phil.)。現在の関心事は宗教学、死生学、神話学、旧約聖書、宗教思想などの研究、古代メソポタミアの粘土板に書かれたアッカド語文書の研究(アッシリア学)など。1990年から東洋英和女学院大学に奉職。

著書・論文

(1)渡辺和子「申命記法の編集」 『聖書学論集』15、山本書店(1980)5-43頁。
(2)K. Deller/K. Watanabe, "šukkulu(m), šakkulu' abwischen, auswischen'", Zeitschrift für Assyriologie [= ZA] 70(1980)pp.198-226(共著).
(3)D.I. Owen/K. Watanabe, "Eine neubabylonische Gartenkaufurkunde mit Flüchen aus dem Akzessionsjahr Asarhaddons," Oriens Antiquus 22(1983)pp.37-48, Tafel I(共著).
(4)K. Watanabe, "Rekonstruktion von VTE (= Vassal-Treaties of Esarhaddon) 438 auf Grund von Erra III A 17," K. Deller/K. Watanabe, Assur 3(1983)pp.164-166.
(5)K. Watanabe, "Die literarische Überlieferung eines babylonisch-assyrischen Fluchthemas mit Anrufung des Mondgottes Sîn," Acta Sumerologica [= ASJ] 6(1984)pp.99-119.
(6)K. Watanabe, "Die Siegelung der “Vasallenverträge Asarhaddons" durch den Gott Aššur," Baghdader Mitteilungen [= BaM] 16(1985)pp.377-392, Tafel 33.
(7)K. Watanabe, "Die Briefe der neuassyrischen Könige," ASJ 7(1985)pp.139-156.
(8)渡辺和子「『エサルハドン宗主権条約』における神アッシュルの三つの印」宗教史学研究所編 『聖書とオリエント世界』 山本書店(1985)253-275頁。
(9)K. Watanabe, “Review: F. M. Fales (ed.), Assyrian Royal Inscriptions: New Horizons in Literary, Ideological, and Historical Analysis, 1981, ” Bibliotheca Orientalis [= BiOr] 42(1985)Sp.116-120.
(10)K. Watanabe, “Review: F. M. Fales, Cento lettere neo-assire, 1983,” BiOr 43(1986) Sp.439-445.
(11)K. Watanabe, Die adê-Vereidigung anläßlich der Thronfolgeregelung Asarhaddons,Baghdader Mitteilungen Beiheft 3, Gebrüder Mann Verlag, Berlin(1987、日本宗教学会賞受賞).
(12)K. Watanabe, "Freiburger Vorläufer zu ḪAR-ra = ḫubullu XI und XII," ASJ 9(1987)pp. 277-291.
(13)渡辺和子「『エサルハドン宗主権条約』 再考」『宗教研究』273(1987)113-133頁(日本宗教学会賞受賞)。
(14)渡辺和子「書評:A. Tsukimoto, Untersuchungen zur Totenpflege (kispum) im alten Mesopotamien, AOAT 216」『オリエント』30-2(1987)90-96頁。
(15)K. Watanabe, "Ein neuer Beleg für das ‘Bett' des Gottes Šamaš," ASJ 10(1988)pp.229-230.
(16)K. Watanabe, "Die Anordnung der Kolumnen der VTE-Tafeln," ASJ 10(1988)pp.265-266.
(17)渡辺和子「大帝国の光と影」日本オリエント学会監修『メソポタミアの世界』下、日本放送協会学園(1988)49-88頁。
(18)渡辺和子「大帝国の光と影」日本オリエント学会監修『メソポタミアの世界 必携』日本放送協会学園(1988)57-67頁。
(19)S. Parpola/K. Watanabe, Neo-Assyrian Treaties and Loyalty Oaths, State Archives of Assyria [= SAA] II, Helsinki University Press, Helsinki(1988, 共著).
(20)渡辺和子「古代メソポタミアにおける『生命の木』 ―研究の現状と問題点」『象徴図像研究』3(1989)84-98頁。
(21)K. Watanabe, "Mit Gottessiegeln versehene hethitische 'Staatsverträge'", ASJ 11(1989)pp.261-276.
(22)K. Watanabe: “Review: St. Dalley/J. N. Postgate, The Tablets from Fort Shalmaneser, Cuneiform Texts from Nimrud III, London 1984,” ZA 79(1989)pp.272-278.
(23)K. Watanabe, "abbūta(m)/abbuttu ṣabātu(m). Zur immanenten und transzendenten Interzession," ASJ 12(1990)pp.319-338.
(24)K. Watanabe, "dAbbūtānītu'(Göttliche) Fürsprecherin'", Nouvelles assyriologiques brèves et utilitaires [= NABU] 1990/3, 94.
(25)K. Watanabe, "Segenswünsche für den assyrischen König in der 2. Person Sg.," ASJ 13(1991)pp.347-387.
(26)K. Watanabe: “Review: S. Parpola, The Correspondence of Sargon II, Part I, SAA 1, Helsinki,1987,” BiOr 48(1991) Sp.183-202.
(27)渡辺和子「古代オリエントの誓約と神の印章」 脇本平也/柳川啓一編『現代宗教学 第4巻 権威の構築と破壊』東京大学出版会(1992)85-114頁。
(28)K. Watanabe, "Nabû-uṣalla, Statthalter Sargons II. in Tam(a)nūna," BaM 23(1992)pp.357-369, Tafel 70-71.
(29)K. Watanabe, "Segenswünsche für den assyrischen König in der 2. Person Sg. (II)," ASJ 14(1992)pp.369-377.
(30)渡辺和子「古代メソポタミア宗教と宗教民俗学」『宗教研究』292(1992)175-194頁、249頁(英文要旨)。
(31)K. Watanabe, "Ein neuassyrisches Siegel des Mīnu-ahṭi-ana-ištari," BaM 24(1993)pp.289-308, Taf.116-119.
(32)K. Watanabe, "Der vollständige Brief des "Bauern" (=Asarhaddon)," ASJ 15(1993)pp.153-156.
(33)K. Watanabe, "Neuassyrische Siegellegenden," Orient 29(1993)pp.109-137.
(34)渡辺和子「聖なる空間の表象―古代メソポタミアの『生命の木』」小川英雄/宮家準編 『聖なる空間』 リトン(1993)49-98頁。
(35)渡辺和子「メソポタミアの神話」大林太良/伊藤清司/吉田敦彦/松村一男編 『世界神話事典』 角川書店(1994)382-389頁(『世界神話事典 第二巻 世界の神々の誕生』角川学芸出版、文庫版2012年、79-89頁)。
(36)K. Watanabe, "Lebenspendende und todbringende Substanzen in Altmesopotamien," BaM 25(1994)pp.579-596.
(37)K. Watanabe, "Votivsiegel des Pān-Aššur-lāmur," ASJ 16 (1994) pp.239-259.
(38)K. Watanabe, "Ein weiteres beschriftetes Eunuchensiegel," NABU 1994/3, pp.60-61
(39)渡辺和子「1994年の歴史学界―回顧と展望:西アジア・北アフリカ(古代オリエント) 二」『史学雑誌』104/5(1995)296-299頁。
(40)K. Watanabe, "Weitere neuassyrische Siegellegenden," ASJ 17(1995)pp.291-297.
(41)K. Watanabe, "Beschriftete neubabylonische Siegel," Bulletin of the Middle Eastern Culture Center in Japan 8(1995)pp.225-234.
(42)渡辺和子「古代メソポタミアの「命の木」と「命の草」―図像と文書の対話から」『宗教美術研究』3(1996)1-12頁。
(43)渡辺和子「前1千年紀のメソポタミア」木田献一/荒井献監修 月本昭男/小林稔編 『現代聖書講座 第1巻 聖書の風土・歴史・社会』日本基督教団出版局(1996)109-120頁。
(44)K. Watanabe: “Review: H. Hunger, Astrological Reports to Assyrian Kings, SAA 8, Helsinki, 1992, BiOr 53(1996)Sp.130-134.
(45)渡辺和子「五千年の彼方から伝え来る死生観」『神話―民俗のこころと浪漫を探る』月間MOKU別冊、MOKU出版(1998)106-115頁。
(46)大貫良夫/前川和也/渡辺和子/屋形禎亮『世界の歴史1 人類の起原と古代オリエント』中央公論社(1998、共著、担当部分254-370頁)。
(47)渡辺和子「アッシリアの自己同一性と異文化理解」『岩波講座 世界歴史2 オリエント世界―7世紀』岩波書店(1998)271-300頁。
(48)K. Watanabe, "Nochmals zum Namenstyp 'Was habe ich dem Gott (Schlimmes) angetan?" NABU 1998/13。
(49)渡辺和子「『ギルガメシュ叙事詩』―死の克服の神話」『東洋英和女学院大学心理相談室紀要』3(1999)7-13頁。
(50)K. Watanabe, "Seals of Neo-Assyrian Officials," K. Watanabe (ed.), Priests and Officials in the Ancient Near East, C. Winter, Heidelberg(1999)pp.313-366.
(51)渡辺和子「古代オリエント神話」吉田敦彦編 『世界の神話101』新書館(2000)12-31頁。
(52)渡辺和子「メソポタミアの文字の歴史」松本健編 『NHKスペシャル 四大文明 メソポタミア』日本放送出版協会(2000)146-171頁。
(53)渡辺和子「キュルテペ文書―古アッシリア商人達の世界」中近東文化センター編『古代アナトリアの文字の世界』中近東文化センター(2000)11-15頁。
(54)渡辺和子「円環的生命観の神話―宗教学的神話解釈の試み」『東洋英和女学院大学心理相談室紀要』4(2000)13-21頁。
(55)T. Maeda/K. Watanabe, "Assyriology" Orient 36(2001)pp.35-56(共著).
(56)渡辺和子「苦難の意味の転換 ―『ヨブ記』の神話論」『東洋英和女学院大学心理相談室紀要』5(2001)14-19頁。
(57)渡辺和子 「知恵と死の神話―メソポタミア神話と『旧約聖書』を中心に」『東洋英和女学院大学心理相談室紀要』6(2002)5-9頁。
(58)渡辺和子「臓器移植と現代の神話」国際宗教研究所編『現代宗教2003 宗教・医療・いのち』東京堂出版(2003)168-182頁。
(59)渡辺和子「メソポタミアの太陽神とその図像」松村一男/渡辺和子編『太陽神の研究』下巻、リトン(2003)25-62頁。
(60)松村一男/渡辺和子「あとがき―太陽神の諸相」松村一男/渡辺和子編『太陽神の研究』下巻、リトン(2003)341-353頁(共著)。
(61)渡辺和子「アッシリアにおけるヒッタイト文化の痕跡―アッシュル・ナツィルパル2世の王座の間レリーフを中心に」『オリエント』46-2(2003)92-112頁。
(62)渡辺和子「「生と死」と「コヘレトの言葉」」『生と死』第5号(2003)、人間科学研究会、2-3頁。
(63)渡辺和子「伝承と比較-メソポタミア宗教文書と『旧約聖書』」池上良正ほか編『岩波講座 宗教3宗教史の可能性』岩波書店(2004)55-80頁。
(64)渡辺和子「生を与えるものと死を与えるもの―メソポタミアの場合」松村一男編『生と死の神話』リトン(2004)227-250頁。
(65)渡辺和子「古代メソポタミアにおける執り成しの女神」『東洋英和女学院大学心理相談室紀要』7(2004)14-18頁。
(66)日本オリエント学会編『古代オリエント事典』岩波書店(2004、共著)
(67)渡辺和子「メソポタミアの『洪水神話』」『東洋英和女学院大学心理相談室紀要』8(2005)19-26頁。
(68)渡辺和子「『ギルガメシュ叙事詩』における永遠の命と知恵」東洋英和女学院大学死生学研究所編『死生学年報2005 親しい者の死』リトン(2005)105-128頁。
(69)渡辺和子監修『もう一度学びたい世界の宗教』西東社(2005)。
(70)渡辺和子:「書評:Ayako Hosoda, Darstellungen der Parabel vom barmherzigen Samariter, Petersberg 2002」『オリエント』48-1 (2005) 237-242頁。
(71)渡辺和子「アッシリア」黒田日出男編『歴史学事典12 王と国家』弘文堂(2005)13-14頁。
(72)渡辺和子「メソポタミアの異界往還者たち」細田あや子/渡辺和子編『異界の交錯』上巻、リトン(2006)9-41頁。
(73)渡辺和子「メソポタミア神話にみる死の受容と悲嘆―エンキドゥとギルガメシュの場合」東洋英和女学院大学死生学研究所編『死生学年報2006 死の受容と悲嘆』リトン(2006)23-44頁。
(74)細田あや子/渡辺和子「交錯する異界―あとがき」細田あや子/渡辺和子編『異界の交錯』下巻、リトン(2006)465‐473頁(共著)。
(75)渡辺和子「メソポタミア神話にみる<鏡像関係>」『東洋英和女学院大学心理相談室紀要』9(2006)5-9頁。
(76)渡辺和子「傷つきからの回復と「神話の発展」―マリアとユダの福音書の波紋」『東洋英和女学院大学心理相談室紀要』10(2007)22-30頁。
(77)渡辺和子「メソポタミアの「死者供養」」東洋英和女学院大学死生学研究所編『死生学年報2007 生と死の表現』リトン(2007)47-70頁。
(78)渡辺和子「キリスト教神話の「発展」―マリアとユダをめぐって」松村一男/山中弘編『神話と現代』リトン(2007)281-326頁。
(79)渡辺和子「メソポタミアの「慰霊」と「治療」―死霊による災厄と「死の人称性」」東洋英和女学院大学死生学研究所編『死生学年報2008 <スピリチュアル>をめぐって』リトン(2008)155-185頁。
(80)渡辺和子「大貫良夫/前川和也/渡辺和子/屋形禎亮『人類の起原と古代オリエント』」島薗進/石井研士/下田正弘/深澤英隆編『宗教学文献事典』弘文堂(2007)81頁。
(81)渡辺和子「『ヨブ記』―永遠の問いと答え」太田良子/原島正編『私が出会った一冊の本』新曜社(2008)73-87頁。
(82)渡辺和子「古代メソポタミアの「宗教」研究をめぐって」『東洋英和 大学院紀要』4(2008)17-32頁。PDF公開http://id.nii.ac.jp/1093/00000296/
(83)市川裕/松村一男/渡辺和子編 『宗教史とは何か』上巻、リトン(2008、共編)。
(84)渡辺和子「総合学としての死生学の可能性」東洋英和女学院大学死生学研究所編『死生学年報2009 死生学の可能性』リトン(2009)5-32頁。
(85)渡辺和子「文庫版あとがき―古アッシリア時代の「リンム表」公刊」大貫良夫/前川和也/渡辺和子/屋形禎亮『世界の歴史1 人類の起原と古代オリエント』文庫版、中央公論新社(2009)657-663頁。
(86)渡辺和子「「メソポタミア宗教史」への展望」市川裕/松村一男/渡辺和子編『宗教史とは何か』下巻、リトン(2009)83-122頁。
(87)渡辺和子「『ギルガメシュ叙事詩』は「知恵文学」か―「死生の秘密」への旅路」東洋英和女学院大学死生学研究所編『死生学年報2010 死生観を学ぶ』リトン(2010)65-104頁。
(88)渡辺和子「『エサルハドン誓約文書』にみる法的・宗教的・政治的意味合い」The Journal for the Study of Humans and Culture 17, Institute for Humanities and Social Science, Donf-eui University, 釜山(2010)pp.167-199(英文要旨付き)。
(89)渡辺和子「死生学」星野英紀ほか編『宗教学事典』丸善出版(2010)122-123頁。
(90)渡辺和子監修『図解 世界の宗教』(歴史がおもしろいシリーズ!)普及版、西東社(2010)。
(91)渡辺和子「ギルガメシュの異界への旅と帰還―「英雄」と「死」」東洋英和女学院大学死生学研究所編『死生学年報2011 作品にみる生と死』リトン(2011)135-164頁。PDF公開http://id.nii.ac.jp/1093/00000434/
(92)渡辺和子「絵本と詩歌にみる人間の災禍と自然」東洋英和女学院大学死生学研究所編『死生学年報2012 生者と死者の交流』リトン(2012)217-228頁。
(93)渡辺和子「ポニョの海の中と外―「初源神話」の創出」国際宗教研究所編『現代宗教2012』秋山書店(2012)29-48頁。
(94)渡辺和子「アッシリア王センナケリブの宗教改革(前8世紀末―前7世紀初期)」「アッシリア帝国における王権観(前7世紀半ば)」「アッシリアとフリュギアの和平(前709年)」歴史学研究会編『世界史史料1 古代のオリエントと地中海世界』岩波書店(2012)51-52, 54-55, 57-59頁。
(95)渡辺和子「洪水神話の文脈―『ギルガメシュ叙事詩』を中心に」『宗教研究 特集:災禍と宗教』373(2012)257-282頁。PDF公開:
http://ci.nii.ac.jp/els/110009496220.pdf?id=ART0009963692&type=pdf&lang=jp&host=cinii&order_no=&ppv_type=0&lang_sw=&no=1450924748&cp=
(96)渡辺和子「古代オリエント宗教」世界宗教百科事典編集委員会編『世界宗教百科事典』丸善出版(2012)6-9頁。
(97)渡辺和子「死生学と生命倫理―脳死・臓器移植問題を例として」『福音と世界2013年1月号:特集 生命倫理―生命はだれのものか』新教出版社(2013)44-50頁。
(98)渡辺和子「脳死・臓器移植論議における「日本人」と「欧米人」の死生観」東洋英和女学院大学死生学研究所編『死生学年報2013 生と死とその後』リトン(2013)231-246頁。PDF公開http://id.nii.ac.jp/1093/00000458/
(99)渡辺和子「『エサルハドン王位継承誓約文書』のタイナト版による新知見と再検討―条件節における接続法の用法を中心に」『オリエント』56-1(2013)55-70頁。
(100)渡辺和子「ギルガメシュ」『神の文化史事典』白水社(2013)191-193頁。
(101)K. Watanabe, “Esarhaddon’s Succession Oath Documents Reconsidered in Light of Tayinat Version,” Orient 49(2014)pp.145-170.
(102)渡辺和子「『ギルガメシュ叙事詩』における夢とその周辺―予知・夢解き・冥界幻視・無意識」河東仁編『夢と幻視の宗教史』下巻、リトン(2014)59-106頁。
(103)渡辺和子「死生学と生命倫理」上村静編『国家の論理といのちの倫理―現代社会の共同幻想と聖書の読み直し』新教出版社(2014)47-58頁。
(104)渡辺和子「「エサルハドン王位継承誓約文書」にみる生と死」東洋英和女学院大学死生学研究所編『死生学年報2015 死後世界と死生観』リトン(2015)105-144頁。
(105)渡辺和子監修『オールカラーでわかりやすい!世界の宗教』(新装改訂版)西東社(2015)。
(106)渡辺和子「『ギルガメシュ叙事詩』の新文書―フンババの森と人間」東洋英和女学院大学死生学研究所編『死生学年報2016 生と死に寄り添う』リトン(2016)167-180頁。
(107)K. Watanabe, “Innovations in Esarhaddon’s Succession Oath Documents Considered from the Viewpoint of the Documents’ Structure,” State Archives of Assyria Bulletin 21 (2015; published 2016), 173-215.
(108)渡辺和子「メソポタミアにおける「祈祷呪術」と誓約―「宗教」と「呪術」と「法」」江川純一/久保田浩編『「呪術」の呪縛』下巻、リトン(2017)83-124頁。
(109)渡辺和子「『ギルガメシュ叙事詩』のなかの神と人間」『古代オリエント博物館情報誌 オリエンテ』54(2017)24-29頁。
(110)渡辺和子「ヨブの苦難と変容―『ヨブ記』の死生観と編者の意図」『死生学年報2017 死から生への眼差し』リトン(2017)279-292頁。
(111)渡辺和子『エサルハドン王位継承誓約文書』リトン(2017)。
(112) Kazuko Watanabe, “A Study of Assyrian Cultural Policy As Expressed in Esarhaddon’s Succession Oath Documents,” Aḥituv, S., Baruchi-Unna, A., Ephʿal, I., Forti, Tova, and Tigay, J. H. (eds.) , “Now it happened in those days”: Studies in Biblical, Assyrian and other Ancient Near Eastern Historiography presented to Mordechai Cogan on his 75th Birthday, Eisenbrauns, Winona Lake, Indiana, 2017, pp.473-492.
(113)渡辺和子「病気治しと死霊の供養―メソポタミアのアーシプの儀礼を中心に」『死生学年報2018 生と死の物語』リトン(2018)223-240頁。
(114)渡辺和子「メソポタミアのシャーマニズム論序説―『ギルガメシュ叙事詩』を手がかりに」杉木恒彦/髙井啓介編『霊と交流する人びと』下巻、リトン(2018)33-82頁。
(115)渡辺和子「メソポタミアの「冥福」観―伝統的な呪いの言葉と『ギルガメシュ叙事詩』から」『死生学年報2019 死生観と看取り』リトン(2019)175-192頁。
(116)Kazuko Watanabe, “Aššurbanipal and His Brothers Considered from the References in Esarhaddon’s Succession Oath Documents,” in: I. Nakata et al. (eds.), Prince of the Orient: Ancient Near Eastern Studies in Memory of H.I.H. Prince Takahito Mikasa, Supplement to Orient: Journal of the Society for Near Eastern Studies in Japan, March 31, 2019 (ISBN 978-4-600-00114-8), pp.237-257.

受験生へのメッセージ

宗教学も死生学も奥が深く、広大な学問領域ですから、粘り強く取り組んでください。古今東西の人間の文化現象すべてが研究対象となりえます。この魅惑的な領域で問題意識と研究の可能性を十分に広げるために、現代の諸語だけでなく、古代語の習得にも力を注いでください。人文社会科学のすべてが宗教学と臨床を含めた死生学に関連するといえます。そのためにも、各人が何かの専門をもつことが大切です。

一覧へ戻る