研究科案内

大林 雅之 教授(特任教授)

  • 専任教員氏名:大林 雅之
  • 分野:死生学
  • 専門分野:バイオエシックス(生命倫理学)、死生学、科学史、科学哲学

    〇主な所属学会:日本生命倫理学会、日本医学哲学・倫理学会

研究テーマ

・生命科学・先端医療技術をめぐる倫理問題についての研究
・「患者中心の医療」を実現するために患者に必要な知識と態度の教育についての研究
・高齢化社会における高齢者の自立した生活を支える社会システム構築を目指す「老成学」についての研究

指導可能なテーマ

・バイオエシックス(生命倫理学)の進展と死生観の変遷に関する史的研究
・医療・福祉における「生」と「死」をめぐる事例についての生命倫理学的研究
・医療・福祉の専門職の職業倫理と実践に関する研究

論文作成指導方法

研究テーマの設定、先行研究の調査・分析・考察、研究方法の検討、文献・データの収集・分析・考察、成果発表、論文作成という過程を着実に積み上げて論文の完成を目指します。
社会人学生については、受講や研究のための時間について配慮し、研究の指導を行います。

担当科目

死生観特論
現代において、なぜ改めて死生観が問われることになったのか。この意味を死生観の変遷、特に文化史的な観点から考える。
生命倫理特論 バイオエシックス(生命倫理学)の成立と展開を、臓器移植、遺伝子操作、生殖補助技術などの事例に基づいて考える。
バイオ・サナトロジー概説 「生」と「死」がどのように議論されてきたか、またどのように議論されているかについて、さまざまな分野での議論を概説する。
バイオ・サナトロジー特殊研究 「生」と「死」をめぐる研究の主要な文献について、院生の発表をもとに考察する。
人間科学基礎演習Ⅰ(修士論文指導) 死生学、生命倫理学関連の研究テーマでの修士論文を作成に向けた準備的研究を行う。特に先行研究、関連研究の論文について検索し、その内容について、演習形式で発表する。論文の構成や文献の表記法についても学ぶ。
人間科学基礎演習Ⅱ(修士論文指導) 人間科学基礎演習Ⅰでの学習を踏まえて、死生学、生命倫理学関連の研究テーマを確定し、修士論文の研究を進める。 研究の資料収集・調査等を行い、研究の進捗状況を発表し、1年次末での中間報告を行う。
人間科学演習Ⅰ(修士論文指導) 1年次での人間科学基礎演習Ⅰ・Ⅱでの成果を踏まえ、修士論文の完成を目指し、引き続き、資料収集・調査等を行い、その結果、考察などについて演習形式で発表する。 以上の成果を踏まえ、修士論文の草稿を作成する。
人間科学演習Ⅱ(修士論文指導) 人間科学演習Ⅰで作成した修士論文の草稿に新たな研究成果を加え、全体構成を整えて、修士論文の完成を目指す。  研究の進捗状況について演習形式で発表する。最終的には、完成した修士論文について口頭発表を行う。


●教員業績はこちらをご覧ください

履歴・職歴等

上智大学大学院理工学研究科生物科学専攻博士後期課程単位修得満期退学
産業医科大学助手・講師、ジョージタウン大学客員研究員、山口大学医学部教授、川崎医療福祉大学教授、京都工芸繊維大学大学院教授などを経て現職

著書・論文

『生命の問い-生命倫理学と死生学の間で-』東信堂(2017年)
『ケースで学ぶ医療福祉の倫理』(共編著)医学書院(2008年)
『生命の淵―バイオエシックスの歴史・哲学・課題―』東信堂(2005年)
『バイオエシックス・ハンドブック 生命倫理を超えて』(共編著)法研(2003年)
『ケースブック 医療倫理』(共編著)医学書院(2002年)
『バイオエシックス教育のために』メディカ出版(1999年)
『新しいバイオエシックスに向かって―生命・科学・倫理―』北樹出版(1993年)

受験生へのメッセージ

医療・福祉の現場における、専門職としての、または、患者・利用者としての経験から問題意識を持たれた方の受験を歓迎します。

一覧へ戻る