東洋英和女学院大学トップ施設・研究所・生涯学習生涯学習センター > > 古代メソポタミアの言語:アッカド語初級

生涯学習センター

古代メソポタミアの言語:アッカド語初級

 現在のイラク北部に栄えたアッシリアは、最盛期にはエジプトを支配するほど強大な国として繁栄しました。アッシリア歴代の王は数多くの王碑文を残しており、古代オリエントの歴史を知る上で第一級の史料となっています。

 本講座では、列王記でも語られるエルサレム包囲で有名なセンナケブリの王碑文を読む予定です。講座では碑文を読むだけではなく、記されている出来事に関するテーマについてもお話していきたいと思います。

アッカド語の基礎文法を学習された方を対象としていますが、その点をご了承いただければ、どなたでも受講していただけます。

 辞書は、A Concise Dictionary of Akkadian (第2版、Harrasowitz Verlag,2000)を使用します。

講座概要
講座番号236
担当教員青島 忠一朗
曜日・時間水曜日  16:30~18:00
講座学期・日程4/10 4/17 4/24 5/8 5/15 5/22 5/29 6/5 6/12 6/19 6/26 7/3 7/10 7/17
受講料28,000円
定員15名
申込締切3/22(金)
その他体験OK  途中参加OK  割引対象