東洋英和女学院大学トップ施設・研究所・生涯学習生涯学習センター > > マイナンバー時代のキリスト教

生涯学習センター

マイナンバー時代のキリスト教

 

科学技術が情報化社会をもたらし、すべてのものが利用され消費されようとする現代社会。マイナンバー制度、ビッグデータに象徴されるように個人情報も収集、保存、分析、統合されて多様な目的に利用されています。メリットばかりが強調される一方で人がモノとして扱われ、「いのち」の捉え方が変化しているのではないでしょうか。対してキリスト教は言葉をもっているか、キリスト教のあり方が問われています。
 これらの課題を牧師という立場から批判的検討を試みます。個人情報を巡る問題(プライバシー侵害、ビックデータ、マイナンバー等)から「いのち」の状況を考え、その課題にキリスト教がどう関わりうるのかを考えていきます。
 参加者からの発言や問いかけ大歓迎です。本講座では結論よりも問いが生まれることを大切にしたいと考えております。

講座内容:学期完結

講座概要
講座番号216
担当教員草島 豊
曜日・時間木曜日 10:40~12:10
講座学期・日程5/16  6/6  6/20  7/4  7/18
受講料10,000円
定員15名
申込締切4/26(金)
その他体験OK 途中参加OK 割引対象