生涯学習センター

映画で学ぶ死生学

 本講座では、科学技術や医療の発展によって切実に問われている「生」や「死」の意味を、日常的な生活の場面に即して考えていくことを目的としています。そのような「死生学」の試みを、「人生」や「死」のあり方を描く映画を教材として、受講生の皆さんと一緒に考えていきます。映画としては次のものを取り上げる予定です。小津安二郎監督「東京物語」、成瀬巳喜男監督「浮雲」、今村昌平監督「楢山節考」、黒澤明監督「生きる」、アンリ・ベルヌイユ監督「ヘッドライト」、ピーター・ボグダノヴィッチ監督「ラスト・ショー」などです。講座の各回で1作品を取り上げる予定ですが、後半部分では受講生の方からの提案も取り入れたいと思っています。映画についての思いを存分に語りたい方の受講を期待しています。

講座内容:学期完結

講座概要
講座番号220
担当教員大林 雅之
曜日・時間金曜日 15:00~16:30
講座学期・日程10/4 10/11 10/18 10/25 11/8 11/15 11/22 11/29 12/6 12/13 (全10回)
受講料20,000円
定員20名
申込締切9/13(金)
その他体験OK  途中参加OK  割引対象