東洋英和女学院大学トップ最新情報&トピックス > 新型コロナウイルス感染症拡大防止/神奈川県版緊急事態宣言の発令に関する本学対応方針について

新型コロナウイルス感染症拡大防止/神奈川県版緊急事態宣言の発令に関する本学対応方針について

2021年7月21日

【重要なお知らせ】学生・保護者・教職員の皆様へ

東洋英和女学院大学
学長 池田 明史


新型コロナウイルス感染症拡大防止/
神奈川県版緊急事態宣言の発令に関する本学対応方針について


  平素より本学の教育活動にご協力を賜り誠にありがとうございます。
  7月16日、神奈川県版緊急事態宣言が発令されました。7月22日から8月22日までは、まん延防止等重点措置区域が(清川村を除く)県内全市町に拡大となりました。
  本学では皆様の健康と安全を最優先としつつ、学修機会の確保を図って参ります。十分な感染症防止対策を施した上で、以下の方針(*)に基づき、現在の授業方針を継続することといたします。今後とも神奈川県はじめ近隣都県の動向を十分注視の上、適時・適切に対応して参る所存です。
  引き続き学生・教職員の皆様におかれましては、東京都から、もしくは東京都を経由して本学に通学または通勤される方も多くいらっしゃると思いますが、皆様ご自身におかれましてもあらためて、会食自粛を含む感染予防対策の徹底をお願い申し上げます。

(*)4月19日付『新型コロナウイルス感染症拡大防止/まん延防止等重点措置に関する本学対応方針について』
https://www.toyoeiwa.ac.jp/daigaku/news/topics/news_2021041901.html

―記―


1.授業方針(前期期間中の授業、期末試験、集中講義、補講等)について
  現行の実施形態を継続といたします。
  学内での滞在時間は、可能な限り短くし、感染対策を各自で徹底するようにお願いいたします。

2.入構制限について
  8/5-8/15の一斉休業期間を除き、変更はありません。
  上記期間の集中講義等授業関連、入試イベント関連、教職員の教育研究活動における入構は可といたします。

3.クラブ活動について
  緊急事態宣言解除となるまでの期間は、課外活動・公認部団体の活動については、感染拡大を防止する観点からも、原則として、オンラインや自宅での自主練習等で対応してください。
 ※協会等の大会運営団体の感染管理のもと行われる公式試合については、主催元団体の方針に従い、一部活動許可を行う場合もあります。
  詳しくは、別に通知する学生支援課・学生委員会の指示に従うようお願いいたします。

4.健康管理について
①学生向け、教職員向け感染症対策マニュアルが更新されました。7月7日付e-passをご確認ください。
②ワクチン接種に伴う授業欠席は、7月2日付e-passをご確認ください。
③本人および同居家族の新型コロナウイルス感染症の疑いのある体調不良の際は、医療機関の受診および健康相談室への連絡に加え、大学への入構を控えるようお願い申し上げます。
④8月5日~8月15日までの一斉休業期間中の体調不良との連絡は、メールまたはGoogleフォームでご報告をお願いいたします。電話は受け付けておりません。
Googleフォーム:
 https://forms.gle/4N6zpGw3ZZznELWTA
mail:
 kenkousoudan@toyoeiwa.ac.jp
緊急性の度合いにより、お返事まで数日要する場合もございます。健康相談室よりリアクションがあるまでの間、大学への入構はお控えください。

 大学が許可するまで宿泊を伴うゼミ・クラブ・その他大学として行う活動については、延期または中止としてください。オンラインもしくは感染対策に十分注意し対面で宿泊を伴わない活動で補完するようお願い申し上げます。
 皆様の深甚なるご理解を賜り、引続きご支援・ご協力の程宜しくお願い申し上げます。

以上