東洋英和女学院大学トップ最新情報&トピックス > 4月2日(金)に2021年度入学式を挙行しました。

4月2日(金)に2021年度入学式を挙行しました。

 本日、午前に人間科学部、午後に国際社会学部の2021年度入学式が横浜校地にて執り行われました。新型コロナウイルス感染拡大防止の観点より、新入生のみの参列とし、ご家族の皆様にはライブ配信にて式典の様子をお届けしました。

 入学式は礼拝形式とし、前奏、讃美歌、伊勢田奈緒学院宗教部長による聖書朗読と祈祷に続き、池田明史学長による式辞、学院を代表して髙橋貞二郎副院長による祝辞がありました。今年度は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点より、讃美歌・校歌は、武田ゆり学院オルガニストの演奏により心の中で歌い、在学生代表の「新入生歓迎の言葉」、新入生代表の「新入生誓いの言葉」、讃美歌、祝祷をもって、厳かな雰囲気のなか、式を終えました。

  人間科学部の入学式では、2020年度学長賞の表彰も行われました。学長賞は、クラブ活動において優秀な成果をあげた個人又は団体、その他課外活動において優秀な成果をあげた個人又は団体に授与されるものです。2020年度は『1は赤い。そして世界は緑と青でできている』という共感覚に関する本を出版された人間科学科の望月菜南子さんが受賞されました。生活するうえで混乱を引き起こすこともある先天的特性を多くの人に知ってもらいたいという考えから原稿を書かれたその発想と、出版社の編集者の方と本を出版されるまでの努力が称えられ、池田明史学長より表彰状とトロフィーが授与されました。

  改めてまして新入生並びに新入生のご家族の皆様に、お祝いを申し上げます。新入生が実り多い大学生活を送れますよう、教職員一同努めてまいります。引き続き、本学へのご理解、ご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。

news_202104020101.JPG

news_202104020102.JPG