東洋英和女学院大学トップ最新情報&トピックス > 2020年度後期入構方法について

2020年度後期入構方法について

2020年9月14日より一部対面授業を再開いたしました。
入構者数の増加により、入構時の検温を適切に行うため、通行レーンを作成いたしました。
以下の流れに沿って、ご入構いただきますようお願い申し上げます。


①入構時は、歩道左側の通路をお進みください。
 (右側は車道です。車の往来に気を付けてください)



※学生以外のご来校者様は、守衛室へお立ち寄りください。




②学生とご来校者の皆様は、5号館健康相談室特設ブースにて検温を行ってください。



③入館時にまずは手指消毒をしてください。



※入口に体調に関する問診内容が記載してあります。該当する方は、そばにいる担当者にお声がけください。



④サーマルカメラの前で止まり、体温をチェックしてください。
 37.5℃以上の場合は、入構をご遠慮いただきます。予めご了承ください。



※もしもサーマルカメラの検温で37.5℃以上であった場合は、非接触型体温計等で再検温いたします。
 慌てずに担当者の指示に従って待合スペースへの移動をお願いいたします。



⑤入構後は、手洗いをこまめに行うことと、手指アルコール消毒を行ってください。



※教室の座席には「着席禁止シール」を貼りました。
 授業中はもちろん、授業開始前であっても学生間のソーシャルディスタンスを保つようにご協力ください。



⑥帰宅時は、学生に限り、シャトルバスが出ています。
 時刻表を確認し、ご乗車ください。
 乗車時に、バス内に設置されているアルコールで手指消毒を行ってください。
 バス内でも引き続き新型コロナウイルス感染症拡大防止にご協力ください。




秋・冬にかけてインフルエンザやノロウイルスなど、新型コロナウイルス感染症以外の病気も広がる恐れがあります。
体調管理にはご留意の上、登校・ご来校くださいますようお願い申し上げます。
よろしくお願いいたします。