東洋英和女学院大学トップ最新情報&トピックス > 学芸員課程博物館実習レポート③

学芸員課程博物館実習レポート③

全学教職センター総合実習指導室です。博物館実習のレポート第3弾をお届けします。


今回取り上げる実習先は、東芝未来科学館と日本カメラ博物館です。

まず東芝未来科学館ですが、神奈川県川崎市、JR川崎駅からすぐのラゾーナ川崎内にあります。1961年に「東芝科学館」として開館、2014年に現在の地へ移転、「東芝未来科学館」としてリニューアルオープンしました。
訪問した8月27日には来館者100万人達成記念イベントが行われ、夏休みということもあって大盛況でした。

この日、実習生は「LEDで光るタワーを作ってみよう!」というイベントを担当し、作り方を説明するスライドの作成から参加者のサポートまでの全てを担いました。子どもたちの笑顔を見られて、実習生も達成感を味わったことでしょう。

201610250102.jpg201610250103.jpg



次に日本カメラ博物館ですが、東京メトロ半蔵門線半蔵門駅からすぐ近くにあります。
日本のカメラの発展史を系統的に展示した、写真・映像文化を支える博物館として知る人ぞ知る人気のスポットです。

訪問した日は、小・中学生ワークショップ発表展の展示準備を行っていました。写真の展示は水平に美しく並べることが重要です。実習期間中、2度目の展示作業とあって、少し慣れてきたようでした。平面的なものの展示は一見、簡単そうですが、実は綿密な計算が必要です。実習生も緻密な作業に集中して取り組んでいました。

201610250104.jpg201610250105.jpg

末筆ながら、東芝未来科学館と日本カメラ博物館の皆様に心から御礼申し上げます。