帰国・留学レポート

オレゴン大学(アメリカ)

国際社会学部 国際社会学科 (オレゴン大学2018)

留学期間:2018年9月~2019年6月

2学期目終了
 あっという間に二学期目の冬タームが終わり、二週間の春休みが始まりました。天気も良く暖かくなったので、キャンパス内の芝生の上で寝転がりながら勉強をする生徒を多く見かけます。また、ユージーンでも桜の花を所々で見ることができました。
 学期の終わりにはいろいろなところでパーティーが開かれます。それ以外にも、家に招待してくれたり手作りのご飯をごちそうしてくれたり、クラスのことや共通の趣味についてたくさん話せる機会なのでとても楽しいし、「日本人はシャイだからあんまり話してくれないけれどあなたはオープンだから」と誘ってもらえる機会も増えました。また、困ったことがあったら力を貸してくれたり励ましてくれる友人もいて恵まれています。同時期に留学を始めた英和生3人や、語学学校で出会った日本人が帰国したからと言って不安になることもなく過ごしています。語学の授業時間と被っていて大学の講義を受けることができないと決まり悔しかったですが、ディスカッションに苦戦している今の自分のレベルと照らし合わせると妥当だと納得しました。最後の学期は友人と楽しく過ごすことのみならず、興味のある分野のグループの企画に少しずつ参加していこうと思います。

 他国籍の友人ができる度にその国の言葉を知りたいという気持ちになります。春休みの宿題はないので、特に予定がない時は英語だけでなく中国語と韓国語の勉強に挑戦しています。アルバイトや無駄に買い物をしに行く代わりにその時間を有意義に使っています。また、3日間だけホームステイを経験しました。一緒にテレビ番組を見たり、その日あったことや学校に持っていくお弁当について日本とアメリカで違うところについて話したり、本当の家族とするような普通のことを楽しむことができました。ネイティブと話せる機会が少ない私にとって、とても貴重な経験になりました。