帰国・留学レポート

サレント大学(イタリア)

国際社会学部 国際コミュニケーション学科(サレント2018)

留学期間:2018年9月~2019年2月or6月

 サレント大学に留学してから約2か月が経ちました。留学当初の頃に比べると少しずつイタリアの大学生活にも慣れてきたように感じます。

 サレント大学では、主に英語で行われる授業を履修しています。クラスメイトも教授も優しく接してくれてとても感謝しています。日本に興味のある人や日本に留学経験がある人もいるので、日本の話をしたり、逆にイタリアのことについて教えてもらったりします。お互い外国語を話す練習にもなるのでとても勉強になります。中には日本語がとても流暢なイタリア人もいて、お互いに日本語で話すときそのレベルの高さに私自身驚かされます。また、留学生向けのイタリア語の授業も履修しています。先生は主にイタリア語でイタリア語の文法を説明するのですべて理解するのがとても難しいですが、わからないときは質問したり予習復習を怠らないように心がけています。イタリア語の発音は日本語に近いのですが、文法が全く異なるので覚えることが多く大変です。ですが、会話が通じた時の喜びは大きいです。

 イタリアでの日本食の人気は高く、レッチェにも日本食レストランがいくつかあります。オープン当初は行列ができたくらいレッチェの人も日本食には興味があるようです。先日、エラスムスの留学生数人と寿司レストランにも行きました。箸の使い方を教えてあげたり、ワサビや醤油にもみんな興味津々でした。一つ印象的だったのは、寿司ネタとしてクリームチーズやアボカド、揚げものなどがあることです。みんな日本の寿司を食べたことがなく、日本でも同じような寿司が提供されていると思っていて、日本の本当の寿司を説明した時はみんなびっくりしていました。

 残りの留学生活も有意義に過ごせるように一日一日を大切にしていきたいと思います。