帰国・留学レポート

ニューカッスル大学(オーストラリア)

国際社会学部 国際社会学科 (ニューカッスル大学2017)

留学期間:2017年3月~12月

留学先学校全般について
 ニューカッスル大学は様々な国からたくさんの留学生が学びにきているため、留学生のためのプログラムや制度があり、初めて海外に行く人でも安心して過ごすことができる環境だと思います。たとえば、学部に進み、レポートなどの課題を出され、どう進めれば良いのかわからない時は、図書館に常にチューターのような方がいるので相談することができます。心強いですし、自分のレベルアップにもつながると思います。大学自体はとても規模が大きく学生数も多いですが、全体的に落ち着いていて、勉強をする環境としても、生活をする環境としても、とても整っていて充実した留学生活を送ることができると思います。

今回の留学はどのような点で良かったと思いますか
 長期の留学ははじめてでしたが、学ぶことはたくさんありました。英語を流ちょうに話せるようになったかというとあまり自信はありません。ただいろいろな方法を使って相手と交流しようとすることで、相手もこちらに耳を傾けてくれるということが分かりました。日本人の留学生もたくさんいるので、日本人学生と仲良くして生活をすることもできます。ただ、8か月しかない留学生活のなかで後悔したくないという気持ちがあったので、自分から積極的にいろいろな活動へ参加、現地の人と交流することができたと思います。そして、今までは何かする前に悩んでやめてしまうことも多かったのですが、今回の留学を通して、まずはやってみるというチャレンジ精神を持つことができたと思います。そして、初めて親元を離れ、掃除や洗濯など、生活していくうえで必要な力も改めてつけることができたと思います。

今回の留学経験を、将来にどのように役立てたいと考えていますか
 この留学生活では楽しいことも辛いこともたくさんありました。ただこの留学があったからこそ自分自身もたくさん成長できたと思います。この経験を忘れずに、留学で得たチャレンジ精神をもって、常になにか新しいことにチャレンジしていきたいと思います。そして今までよりも周りに目を向けることもできる思うので、いろいろな人に出会う機会を増やしたり、新しいことに触れる機会を設けて、さらにたくさんのことを吸収して成長していけるようにしたいと思っています。