帰国・留学レポート

メルボルン・プログラム(オーストラリア)

国際社会学部(メルボルン・プログラム2016)

留学期間:2016年2月~8月

ホーソンでの授業
 今月でついに25週間のプログラムが終了しました。最後のクラスはあまりつらさを感じませんでした。特にスピーキングではプレッシャーを感じることもあまりなく、準備にかける時間も短くなったような気がします。クラスの雰囲気は同年代の子でクラスの半分を占めていたのでとても自由でした。先生方もそれを考慮してか、私たちが興味のあるようなトピックを中心に扱ってくれました。授業に関係ないことでも疑問があればみんなで雑談のように話して意見を交換しあいました。あまり型にはまりすぎない授業でとても楽しめました。特に私にとって最後のコースだったので気を張りつめすぎず、楽しく受けることが出来きて良かったです。今までは見送っていたのが、見送られる立場になり不思議に思います。コースが終わり、学校がなくなったことで、まだ2週間弱メルボルンに滞在するのに帰国することを実感しました。自由な時間が増えたので、前のハウスメイトや語学学校を卒業した友達と会ったりしてゆっくりとした時間を過ごしています。