帰国・留学レポート

メルボルン・プログラム(オーストラリア)

国際社会学部 国際社会学科 (メルボルン・プログラム2019)

留学期間:2019年2月~8月

ホームステイ
 私は最初に紹介されたホストファミリー先から変わることなく、ずっと同じ家にステイしています。私のように長期間ホームステイをしている人は少なく、大体が初めの数ヶ月間だけホームステイをし、その後はアパートを借りたりシェアルームをしている人がほとんどです。ホームステイでの生活はホストファミリーによって本当に異なると思います。私は今のホストファミリー先にステイ出来てとても良かったと思います。ホームステイの良い点は英語を話す機会があること、オーストラリアの文化を直に学べること、そして共同生活を学べることだと思います。
 私のファミリーは学校の先生として働くホストマザーとホストブラザー、そしてメルボルンの大学に通うロシア人のハウスメイトです。また、2ヶ月間だけですが中国からの留学生も一緒に住んでいました。初めは部屋から出て行くだけでも緊張したり、なかなか会話に入れなかったりしましたが少しづつ慣れてきて今では沢山話せるようになりました。ホストファミリーが旅行にに行っている間はホストマザーの友人たちが来てくれました。色々な人たちと話し生活する機会を得ることが出来て良い経験になったと思います。


友人関係

 友達との付き合いの中で、交友関係のあり方の違いを感じました。遊ぼうとグループのSNSツールにメッセージを送っても数人しか返信せず、返信しなかった子から当日になって「どこにいるの?」と連絡が来たります。またお互いに気にかけ合うことが多いと思います。例えば、夜遅くまで遊んだ時には「家に着いたらメールしてね」とお互いの安全を心配したり、アルバイトを探している子が居たら自分のアルバイト先に紹介することもあります。