帰国・留学レポート

メルボルン・プログラム(オーストラリア)

国際社会学部 国際社会学科 (メルボルン・プログラム2019)

留学期間:2019年2月~8月

ホーソン・メルボルン

 私は市内から約50分の場所にある「ホーソン・メルボルン」という語学学校に通っています。キャンパスは比較的大きく、カフェテリアや図書館といった施設は充実しています。図書館ではDVDや書籍を借りることが出来、また「ILC」という放課後の英会話クラブのようなものも行われています。授業は朝の8時半~13時までで、10時半~11時までの30分間は休憩時間です。
 私のクラスは17人で、クラスメイトの国籍はサウジアラビア・韓国・中国・トルコ・ベネズエラ・日本と様々です。春休みということもあり、日本人大学生が団体で来ていたため日本人の割合がかなり高くなっていましたが、彼らが日本に帰国してからは一気に日本人がいなくなりました。少し心細くも感じますが、英語を話す機会が増えるのでより一層英語の勉強に一生懸命取り組みたいと思います。


ビーチハウス

 ホストマザーがモーニントン半島のドロマナにあるビーチハウスに連れて行ってくれ、10人程で23日を過ごしました。とても貴重な経験が出来たと思います。彼女たちの会話はとても早く、また皆が同時に喋るので理解できないことも多々ありましたが、英語のシャワーを沢山浴びてこの2日間だけでもリスニング力が伸びた気がします。海もとても綺麗でした。日本語に全く触れず、とてものんびりと過ごすことが出来ました。