帰国・留学レポート

梨花女子大學校(韓国)

国際社会学部 国際コミュニケーション学科 (梨花女子大學校2019)

留学期間:2019年9月~2020年6月

 12月20日に1学期目が終わり、次学期は3月に始まります。語学学校に通うという人もいましたが、私は韓国で旅行をした後、成人式に参加するために一度、日本に帰りました。

 韓国で多くの留学生と出会いましたが、1学期の留学を終えて自分たちの国に帰ってしまう人々とはお別れをしました。その中で、新しく出会う人々と交流して自分とは違う生き方を知ることで、価値観を広げ、周りの人々を理解することができるようになるということを感じました。また、一つ一つの出会いと関わり合いを大切にしたいと思うようになりました。そのため、日本に帰ってからは、長い間会っていなかった友人に連絡をして会い、多くの話をして過ごしました。私はこれまで周りの人たちとの関係をあまり重要だと思っていなかったことに気づき、また、このように話をして他の人々の考えに触れる時間が、とても貴重で、とても有難いということを知りました。

 韓国の大学では4か月という長いようで短い時間を過ごしましたが、私にとっては全てが難しく、何度もマイナスな気持ちになっては疲れていました。しかし、帰国している間はゆっくりと考える時間を持ち、前学期での反省を整理することで一度気持ちをリセットすることができました。次学期が始まるまでの残りの期間は韓国で過ごしますが、人々との出会いを大事に積み重ねていきたいです。