タイトル画像:留学・国際交流
留学・国際交流

帰国レポート・留学レポート

マウントアリソン大学プログラム(カナダ)2016

国際社会部 国際社会学科 R.U.
留学期間:2017年2月4日~3月19日

2月4日から3月19日の約6週間、英和生7名がカナダ・サックビルにあるマウントアリソン大学の英語実習に参加しました。 

このプログラムは関西学院大学との合同プログラムです。プログラムでは、主にスピーキング、Listening、OLS(oral language skill)、Canadian studies、TOEFLの5つの勉強を月曜日から金曜日に実施します。また、カナダならではの、ホッケー観戦、メイプルシュガートリップ、スクエアダンスなどのアクティビティーに参加することができます。

サックビルの町の気温はとても低く寒いですが、町の人は暖かく、フレンドリーな人が多いという印象でした。また、坂が多かったことも印象的です。近くにダウンタウンがありスーパーやレストラン、郵便局に薬局などが揃っていて、とても便利でした。研修中、放課後や休日に友達と買い物や食事をすることが楽しみでした。

プログラムで面白いと感じた授業はOLS(oral language skill) です。この授業の目的は、実践的な英語力を身につけることです。授業では、ペアを組み、レストランの客やウエイトレスになりきって劇(ロールプレイ)をしたり、様々なイディオムを覚えて発表したりします。このような形の授業はあまり日本では見かけないので、とても新鮮でした。最初は人前で発表をすることに対して抵抗がありましたが、徐々に自身がついてきました。また、発表の後は先生が改善点や良かった点などについて教えてくれるため、とても勉強になりました。

そして、私にとって大きな存在となったのが、Conversation Partnerです。プログラムの参加者には、Conversation Partnerがつき、英語を話す機会を与えてくれます。パートナーとは、週に一度、一時間程度会うことになっています。初めは、二人で会っても話が続くのかという不安はありましたが、実際はとても話しやすく、楽しい時間を過ごすことができました。また、パートナーが私を自宅に招待してくれて、手料理をふるまってくれたこともありました。

私にとって、マウントアリソン大学で体験した楽しかったことも苦しかったことも、一生忘れることのない貴重な経験となりました。日本では体験できない多くのことを体験し、驚くことばかりの6週間でした。自分の中での視野が大きく広がりました。この経験を今後も様々な場面でいかしていきたいです。