帰国・留学レポート

タイ・プログラム(タイ)

レポートナンバー

国際社会学部 国際コミュニケーション学科 (タイプログラム2013)

留学期間:2013年9月~12月

  •  今月の異文化体験

クラスメイトとパタヤに行った時、ホテルを予約してお金も払っているのに「満室で部屋がない」と言われました。予約して支払いの証拠の紙を持っていたので、同じ系列の他のホテルに移動になりました。ダブルブッキングはよくあるらしく、びっくりしました。タイでは、予約という感覚があまりないようです。

また、タイ人はなんでもマイペンライ(大丈夫)って言って怒りません。日本では考えられません。「大丈夫」で終わってしまうと、いいの?と逆に不安になりました。最近は、何が起きても「タイだからね」と思うようになりました。

 

 

  • 今月の成長体験

クラスの人が全員年上で、学生で留学している人はいません。企業派遣の人、日本で働いていた会社を辞めてタイで仕事を探そうとしている人、タイに住んでいて仕事をしている人、セカンドライフの人などです。色々な人がいて、働いているときの話、学生のときの話、今の話などを聞いてとても勉強になります。英語以外にも、韓国語、中国語、フランス語、スウェーデン語などたくさんの言葉を話せる人がいて、私も語学を上達させたいという気持ちが強くなりました。

タイに来て、やろうと思えば何でもできる時間が学生の自分にはあるのだとわかりました。また、大学卒業してからの働き方は、こうでなければならないとかではなく、やる気次第でなんでもできるのだなと思いました。

 

 

  • 今月聞かれた日本のこと

日本は仏教とキリスト教どちら?と聞かれました。私は、無宗教ですが、キリスト教の大学なので学校では簡単な礼拝とかあると答えました。