帰国・留学レポート

ホーソン・メルボルン(オーストラリア)

国際社会学部 国際コミュニケーション学科 (ホーソン・メルボルン2017)

留学期間:2017年8月~12月or2018年2月

今月のカルチャーショック(トラブル・戸惑い・驚き・発見など)
 先日、友達と映画を見にいきました。こちらの映画は日本語字幕がついていないので、映画館に行くまでは楽しみな気持ちと、「内容をちゃんと理解できるのだろうか」という不安を抱いていました。実際映画を見ると、ミュージカル映画だったこともあり、話の流れを掴むことができました。また、日本では、映画を見ているお客さんは、上映中はあまり笑ったり話したりしません。ですが、オーストラリアでは、面白いシーンが上映されたら皆で笑います。日本との違いを感じました。また、映画が終わった後は、ほぼ全員が拍手をして、とても良い映画だったと語り合っていました。日本人は、あまり自分の感情を表に出さないですが、オーストラリア人は自分を表現することが上手で素晴らしいと思いました。

今月の成長体験
 私は、オーストラリアに留学してから日本のことが前よりも好きになり、興味を持つようになりました。なぜなら、授業中に自国について発表する機会が多くあり、今まで知らなかった日本の文化や歴史について知ることができたからです。私のクラスでは、日本に興味を持っているクラスメートが多くいて、質問もたくさんしてくれます。また、私よりも日本について詳しい外国人のクラスメートもいて、驚きました。さらに、私のクラスには、タイ、コロンビア、サウジアラビアなどから来たクラスメートがいて、他国と日本の文化の違いなどについて話し合うことができてとても楽しいです。日本について質問されて上手く答えられないときもあるので、もっと日本について勉強したいと思います。