帰国・留学レポート

ホーソン・メルボルン(オーストラリア)

国際社会学部 国際コミュニケーション学科 (ホーソン・メルボルン2017)

留学期間:2017年8月~12月or2018年2月

今月のカルチャーショック
 オーストラリアの人は子供連れに優しいと感じました。バスの乗り降りなどの段差が激しい場所でベビーカーをおしている人を見かけると、すぐに手伝ってくれる人が多いです。さらに、バスやトラムなどで入口付近が混雑している時は、他の乗客にもっと奥まで進むように伝えていました。日本人と比較して自分の意見をしっかり主張する文化だと思います。

今月の成長体験
 オーストラリアに到着した直後は、他国から来たクラスメイトになかなか自分から話しかけることが出来ませんでした。ですが、徐々に、自分からクラスメイトに話しかけたり、連絡先を聞いて一緒に遊びに行ったり、パーティーを企画したり、自分から積極的に行動するようになりました。
 日本では授業で発言をする時は、周りを気にしてしまい小さい声でしか話せませんでした。オーストラリアの授業では意見を求められることが多く、発言する機会が増えました。そこで、大きい声で話さないと皆に聞こえないので、大きい声で発言をするようなりました。また、発音も直されるので意識して話すようになりました。一番嬉しかったことは、発音に注意して話していたら「君の発音いいよ!」と褒められたことです。