帰国・留学レポート

ホーソン・メルボルン(オーストラリア)

国際社会学部 国際コミュニケーション学科 (ホーソン・メルボルン2017)

留学期間:2017年8月~12月or2018年2月

今月のカルチャーショック(トラブル・戸惑い・驚き・発見など)
 今月驚いたことは、クラスメイトが皆積極的だということです。日本人はシャイなんだと実感しました。授業中も、中国人や他国の学生はどんどん発言をしますが、日本人の学生はその勢いに圧倒されて何も言えなくなる場面を良くみます。クラスで発言をしないと取り残されてしまい、自分の英語力も上がらないので、今後は私も積極的に発言をしたいと思います。積極的に発言をすること、分からないことは分からないとはっきりと伝えることが、語学力向上へつながっていくと思います。

今月の成長体験
 私は「英語が出来なくて悔しい」という思いを今まで何度もしてきましたが、日本では英語が分からなくても困ることはあまりないので、分からない事をそのままにしておくことが良くありました。ですが、ここでは英語が分からないと生活ができません。分からない英単語があればすぐに辞書で調べてノートにメモするようにしています。そして、寝る前にノートを見返しています。ホームステイ先のホストファミリーとルームメイトが楽しそうに会話をしていると、私も皆との会話に入りたくて一生懸命頭で文を考えるのですが、言いたいことがまとまった頃にはもう皆は次の話題に移っています。そういう時にすごく悔しくなります。周囲のサポートもあり、最近は徐々に英語を話せるようになってきました。クラスでも、最近タイ人の学生と仲良くなり、英語で頑張ってコミュニケーションをとっています。