帰国・留学レポート

ホーソン・メルボルン(オーストラリア)

国際社会学部 国際コミュニケーション学科 (ホーソン・メルボルン2017)

留学期間:2017年8月~12月or2018年2月

今月の成長体験
 先月から新しいクラスになって、様々な地域から来たクラスメイトに囲まれています。クラスには、トルコ、コロンビア、サウジアラビアなどからの留学生がいます。授業で、プレゼンテーションの時間に各国の文化について発表しました。今までの授業でも日本の文化について発表してきましたが、いつもクラスメイトの日本の文化への関心の高さを感じます。日本の文化や歴史は世界中で知られていて、クラスメイトのなかには何度も日本を訪れている子や、日本語を勉強している子もいます。私は、クラスメイト全員が興味を持つ日本の文化を、英語で自分なりに紹介する楽しさを感じることができました。

日本について聞かれたこと、考えたこと
 日本の文化について発表した際に、たくさんの質問を受けました。例えば、成人式で着る袴や振袖は普段から着ているか、刀はどこで買えるか、忍者は今もいるか、などです。また、日本では、七五三や成人式など、二十歳になるまでたくさんの行事があります。それを知ったクラスメイトは、日本にはたくさんお祝い事があるね、と言っていました。今まで当たり前だと思っていたことも、外国人からすると不思議な行事なのだと感じました。日本の文化を発信する楽しさに気付いたので、日本の文化や行事についてもっと調べて、クラスメイトに伝えたいと思います。