東洋英和女学院大学トップ留学・国際交流最新情報&トピックス > 海外実地研修参加者および帰国生のガイダンスを実施しました

留学・国際交流

海外実地研修参加者および帰国生のガイダンスを実施しました

 3月6日(火)・7日(水)、海外実地研修(国際コミュニケーション学科対象)のガイダンスを実施しました。

 新2年生は、2月上旬に本研修への参加が決定し、初回のガイダンスです。これから約半年間は、前期の授業と並行して全5回のガイダンスに参加し、留学に必要な手続きのほか、海外での安全管理について学びます。

 また、この日に合わせて、留学を終えたばかりの新3年生の帰国後ガイダンスも実施されました。留学で身に付けた語学力や経験の活かし方、継続することの大切さについて留学アドバイザーからレクチャーを受け、熱心に耳を傾けていました。留学経験者としての今後の活躍に期待します。

 新2年生と新3年生の合同セッションでは、留学前のイメージと実体験のギャップに焦点を置き、留学先別に分かれたグループで意見交換をしました。帰国したばかりの上級生は、留学経験者として具体的なアドバイスや情報提供ができたようです。新2年生は、これら上級生からの情報も頼りに、夏の出発に向けて準備を進めていきます。