東洋英和女学院大学 生涯学習センター 2022年度公開講座
58/64

49鹿住 貴之(かすみ たかゆき) 奥山 倫明(おくやま みちあき) 川井 博義(かわい ひろよし) 石塚 喜三枝(いしづか きみえ)王   涛(おう とう)講 師プロフィール(2022年2月現在)秋本 倫子(あきもと みちこ)青島 忠一朗(あおしま ちゅういちろう)大林 雅之(おおばやし まさゆき)大木 麻理(おおき まり)小池 耕平(こいけ こうへい) NPO法人森づくりフォーラム常務理事NPO法人森づくりフォーラム常務理事、認定NPO法人JUON(樹恩) NETWORK理事・事務局長早稲田大学教育学部卒業、明治大学農学部食料環境政策学科外部講師、淑徳大学総合福祉学部兼任講師。高校・大学等での森や自然に関する講演多数。 【担当講座】森をつくろう、楽しもう~東洋英和キャンパスでの実践~本学人間科学部教授東京大学文学部、同大学院博士課程修了、博士(文学)。南山大学教授を経て、本学教授。2001年第9回中村元賞受賞。宗教学者エリアーデの関連書、『エリアーデ世界宗教事典』(せりか書房)、『世界宗教史』(7・8巻、共訳、ちくま学芸文庫)、『象徴と芸術の宗教学』(作品社)等のほか、宗教学の重要書、マーク・C・テイラー『宗教学必須用語22』(刀水書房、監訳)、エドワード・B・タイラー『原始文化』(上・下、共訳、国書刊行会)、フィリップ・C・アーモンド『英国の仏教発見』(法藏館文庫)等を翻訳出版している。【担当講座】人文系翻訳入門東京理科大学等非常勤講師筑波大学大学院人文社会科学研究科哲学・思想専攻修了。博士(文学)。日本倫理思想、倫理学の視点から『萬葉集』などに残るやまとことばを扱っている。単著『人間存在と愛-やまとことばの倫理学-』(北樹出版、2013年)。東京理科大学・放送大学・東京家政大学・八洲学園大学・目白大学大学院などで非常勤講師。哲学、倫理学、人間論、現代と萬葉の世界、看護倫理特論などの科目を担当。日本倫理学会会員、日本思想史学会会員、萬葉学会会員。趣味は温泉・銭湯めぐり。【担当講座】やまとことばの倫理学草月流師範 studio f*works 主宰。いけばなほか様々なアートワークスペースを運営。花と器と場と人が一体となって心に響く空間創りをしている。植物をいかしたオフィス装花、舞台装花、店舗ディスプレイ。美容室などでの個展開催、華道展などへの出品。【担当講座】お花DEお話し®草月流いけばな健身太極気功養生法会会長1988年来日。1999年筑波大学大学院体育研究科修士課程修了。中国気功協会会員。神奈川県日中友好協会「未病・健康実践講座」の講師。フィットネスクラブ 気功・太極拳のインストラクター。【担当講座】太極気功Ⅰ・Ⅱ本学人間科学部准教授上智大学外国語学部フランス語学科卒。同大大学院文学研究科教育学専攻博士前期課程修了。臨床心理士、日本老年精神医学会認定上級専門心理士、若年認知症専門員。東京都心理職(東京都多摩老人医療センター、東京都精神医学総合研究所、東京都老人医療センター)を経て、現職。専門は、高齢者心理学、脳障害・身体疾患と心理、等。著書(共著)に『糖尿病患者への心理学的アプローチ』『先端医療とリエゾン精神医学』『総合病院精神医学マニュアル』『ニューロサイコアナリシスへの招待』、翻訳書(共訳書)に『アレキシサイミア 感情制御の障害と精神・身体疾患』『ロールシャッハ解釈の諸原則』他。研究者プロフィールはhttp://researchmap.jp/read2612SAT参照。【担当講座】人生後半の心理学中央大学人文科学研究所客員研究員上智大学文学部史学科卒業。中央大学大学院文学研究科西洋史学専攻博士前期課程修了。同大学院博士後期課程入学後、2007年からドイツのチュービンゲン大学古代中近東学研究所(IANES)に留学。2015年より中央大学人文科学研究所客員研究員。専門は新アッシリア時代のアッシリア王碑文の研究。【担当講座】古代メソポタミアの歴史と文化/古代メソポタミアの言語:アッカド語入門・初級本学名誉教授上智大学大学院理工学研究科生物科学専攻(生命科学基礎論部門)博士後期課程単位取得満期退学。ジョージタウン大学ケネディ倫理研究所客員研究員、山口大学医学部教授、川崎医療福祉大学教授、京都工芸繊維大学大学院教授などを経て現職。元日本生命倫理学会会長(代表理事)。主要著書は、『小さな死生学入門─小さな死・性・ユマニチュード─』(東信堂、2018年)、『生いのち命の問い─生命倫理学と死生学の間で─』(東信堂、2017年)、『生命の淵─バイオエシックスの歴史・哲学・課題』(東信堂2005年)、『ケースで学ぶ医療福祉の倫理』(共編著、医学書院、2008年)。【担当講座】小さな死生学入門/市民のための患者学/終活で学ぶ死生学/映画で学ぶ死生学ミューザ川崎シンフォニーホールオルガニスト、神戸女学院大学非常勤講師東京藝術大学卒業、同大学院修了。DAAD、ポセール財団の奨学金を得てリューベック国立音楽大学、デトモルト国立音楽大学に留学し、満場一致の最優等で国家演奏家資格を得て卒業。第3回ブクステフーデ国際オルガンコンクール邦人初優勝、第65回「プラハの春」をはじめ国内外で多数受賞。リリースしたCDアルバム「エリンネルング」「51鍵のラビリンス」がレコード芸術特選盤に選出されたほか、オルガンで参加した「Live from MUZA」(サン=サーンス:交響曲第 3番「オルガン付き」)は、第58回レコード・アカデミー賞の録音部門を受賞した。ミューザ川崎シンフォニーホール・オルガニスト。神戸女学院大学非常勤講師、および東洋英和女学院大学生涯学習センター講師、(一社)日本オルガニスト協会会員。http://mariohki.jp/【担当講座】パイプオルガンクラスⅠ・Ⅱリコーダー奏者九州大学文学部西洋史学科卒業。桐朋学園大学音楽学部研究科古楽器科リコーダー専攻終了。リコーダーのソリストとして、またバロック室内楽奏者として各地で活動している。また小学校の訪問演奏も続けている。2007年韓国公演。2009年東京リコーダー音楽祭では8人のソリストの1人として出演。2010年ロンドンのヘンデルハウス博物館でリサイタル。2019年ジュネーヴの「日本文化の秋」にて無伴奏リサイタル。コジマ録音ALM Recordsより4種類のCDを発売。2016年より福岡市在住。【担当講座】初めてのリコーダーアンサンブル越野 真理子(こしの まりこ)学校法人河合塾講師学習院大学大学院人文科学研究科国文学専攻博士後期課程単位取得退学。日本神話・神話学を専攻。共著書『比較神話学の鳥瞰図』大和書房、『アジア女神大全』青土社、『太陽神の研究』リトン、『異界の交錯』リトン、『夢と幻視の宗教史』リトン他。【担当講座】『古事記』の神話学佐倉  香(さくら かをる) 本学非常勤講師学習院大学哲学科卒業。同大学大学院人文科学研究科哲学専攻博士後期課程単位取得満期退学。専攻は美学、美術史、美術理論。西洋美術、特にイタリア・ルネサンスについて、また美術表現におけるイメージの形成過程などを研究する。共著として、『異界の交錯』(上巻)(LITHON, 2006年)、『日本文化のかたち百科』(丸善, 2008年)がある。【担当講座】西洋美術を学ぶコウオジェイ マグダレナ本学国際社会学部専任講師ベルリン自由大学の東アジア研究科日本学専攻・東アジア美術史専攻修了。デューク大学の美術史学科の日本美術史専攻の博士課程修了。専門は、東アジアの近代美術。【担当講座】Topics in Japan Studies A・B

元のページ  ../index.html#58

このブックを見る