東洋英和女学院大学トップ学部学科 > > メディアの認知心理学 ~見る、聞く、話す、伝えるを心理学的に研究する~

人間科学部/人間科学科

メディアの認知心理学 ~見る、聞く、話す、伝えるを心理学的に研究する~

【教員氏名】
柳沢 昌義
【研究テーマ】
・基礎的な心理実験の手法を学び、実際に有名な実験を自分で再現してみる
・統計手法を学び、実験で得られたデータから、有効な情報をみつける
・ゼミ活動や日常生活を通して感じている疑問から自分のテーマを決めて、心理学的実 験や心理学・教育学的知見により、卒業研究を完成させる
ゼミ合宿の発表風景
大学の授業をわかりやすくするための研究(学生代表アバターが前面スクリーンに登場し、受講者が素朴な疑問などを携帯から投稿すると、アバターが話しているように映し出されます)

研究内容

本ゼミでは、心理・教育の接点となる分野を中心に学び、メディア研究、心理学的研究、教育学的研究へと発展させていきます。

まずは認知心理学の基礎となる様々な記憶実験(マジックナンバー7、顔を覚えるなど)や、イメージと映像に関する心理学(錯覚、映像の見え方など)を中心に学び、そこから得られる数々の知見を、現実の問題解決に、どのように応用するかを考えます。

特に、デザイン(身の回りのデザイン、テキストデザイン、広告デザインなど)、教育(学校教育、教育メディアなど)、通信メディア(携帯電話、Twitter、Webなど)に注目しています。

また、認知科学で扱われる諸テーマや、自分達が日常生活で感じる疑問を科学的視点で議論できるような思考法を身につけます。

卒業研究では、普段から自分が感じている日常の疑問などをテーマに一年間かけて研究します。認知心理的視点で実験によって解明したり、心理学的知見を具体的に生活に応用できる手法を考案したりします。

過去の卒業論文テーマ例

・私はどうして方向音痴?・・・・・・・・・・・・・・・・空間認知能力と探索方略に関する研究
・少女漫画はよみにくい?・・・・・・・・・・・・・・・・少年漫画と少女漫画の質的違いは何か?
・赤い入れ物のお菓子は甘い?・・・・・・・・・・・・パッケージデザインと味覚の関係
・この写真はなぜ泣ける??・・・・・・・・・・・・・・写真が心情に与える影響
・巨大なスクリーンに溶け込む?・・・・・・・・・・・ 超巨大なスクリーンによる授業展開効果
・PowerPointの授業はわかりにくい?・・・・・・・板書が理解に及ぼす影響
・Twitterを授業で活用すると?・・・・・・・・・・・・講義におけるChat画面共有の効果
・本に線をひくと覚えやすいのか?・・・・・・・・・・アノテーションの効果に関する研究
・iPadの登場で本はなくなるのか?・・・・・・・・・ タブレットPCとデジタルテキストの教育効果

ゼミ生の声

*「大学で学ぶ」という楽しさを満喫できます♪真面目な議論も、悩みも、恋愛話も全力で語ります♪♪
 課題とか大変なこともいっぱいだけど、達成感と充実感はいっぱい!! ここで、人生の進路が決まりました。
*卒業する時に大学で何を学んだかはっきりわかります。ゼミが楽しすぎて、学校に来るのが楽しみです。
 大変な就職活動中もみんなの話をきいたり、ゼミで息抜きをしたりしました。
*少人数制なので、自分の意見が言えます。テレビで見ていた「討論」というものを体験できます!
 これで私も評論家??
*ゼミ合宿が楽しい!バーベキューもしたし、花火も、みんなで観光もします。
 2泊3日の女子旅行です(先生は男子ですが^^)
*「心理学実験」ってカッコいい響き!それを自分で計画・実行できます。